FC2ブログ

一より習うべきこと

『信心は、一年一年ありがとうなってくるのでなければ本当ではない。』

茶道を大成した千利休(せんのりきゅう)の歌に、このようにあります。

「稽古とは 一より習い 十を知り 十よりかえる もとのその一」

一、二、三…と習い、十まで知ったならば一に戻って、

再びもとの一を習う時、習う人の心は全く変わっているものです。

端から見ればもとの一は同じように見えますが、

習っている本人にとってみれば、最初に習った時と異なっている。

このことが人の進歩につながるのであって、十を知り、

もとの一に戻らぬ人は、それ以上の進歩は望めないのですね。


元日とは暦の上での「一」ですね。

新たな一年を迎えた感動の中で、「今年こそは」という願いを立て、

感謝と反省の胸に神仏に手を掌わせる。そして、今日という一日を出来る限り大切に過ごそうとする。

そのような「元日の心」を毎日続けさせて頂くことが、そのまま信心となってまいります。

ですから、元日の今日。

この感謝の心持ちを、しっかりと味わい、保っていき、

そうしてどのようなことに出遭っても自分から離れないように心掛けることが大切です。


信仰上の修行というのも、もともとはそのためにあるのです。

木魚を叩いて念仏を唱えたり、断食をしたり、山に登ったり、川を渡ったり。

それらはすべて、その間に感じる、何とも言えぬ有り難い心を自らに覚え込ませ、

自らがそのように成り切るために、させて頂くことであります。

このお道では、体を痛めつけたり我慢したりする修行はありません。

その代わりに、「元日の心」を持ち続けることを修行とさせて頂きます。


あらためて一を習うと、その一が、きわめて新鮮になり、また違った経験が得られる。

そこから次に向けての工夫が生まれてくるのです。

日々させていただく信心生活が、一日一日、一年一年、有り難いという想いが増えていっているか、

そうでないかが、大切なことなのです。

苦難の時にこそ

『100歳の詩人』として人々に愛された、

柴田トヨさんの詩に、『くじけないで』という作品があります。


ねえ 不幸だなんて 溜息をつかないで

陽射しやそよ風は えこひいきしない

夢は 平等に見られるのよ

私 辛いことが あったけれど

生きていてよかった

あなたもくじけずに


肉体的なことであれ、精神的なことであれ、私たちが大きな苦難に直面したときには、

それをどのように受け止めるかということが大切になってきます。

これまで当たり前にできてきたことや、自分の夢や目標がその苦難のために失われることになったとき、

愚痴や弱音を吐きたくなるのは当然のことです。そうした苦難は人にとって不運なことには違いない。 

しかし、不運と不幸とは同じものではありません。

不運というものは、受け止め方によって幸にも不幸にも成り得るのです。

苦難に逢わない人間などいません。色々あるのが人生であります。

しかし、他人の苦しみは自分には分からないものですから、

「どうして自分だけが不幸になるんだ、理不尽な目に遭うんだ」と思うものですが、決してそうではない。

自分と同じような思いをしている人が、世の中には必ずいるのです。


そこで、自分と他人の苦しみを比較してどうこう考えるよりも、

まずは自分の苦しむ問題をしっかりと見ていく。

自分を見ることに徹することで、はからずとも幸福なときには得られなかった

人生の別次元の喜びや価値に出逢うことになる。本当の意味で人を思いやることも出来るようになる。

苦難が、人間を大きく成長させるための尊い縁ともなるのです。


苦しみや悲しみというのは、その時は一生続くような気がするものですが、絶対続きません。

天気を見ても明らかなように、すべて移り変わっていくのです。

人間の本当の幸せとは、人生で出逢う苦難を、自らの心が乗り越えた先にあるのです。

苦難の時にこそ、尊い縁を頂いたと思い、

その苦難の中にある神様のプレゼントをしっかりと受け取らせて頂きましょう。

神様の仕事

『仕事をするというから神は見ている。

仕事をさせていただくという心になれば、

神はつきまとってさせてやる。』                     

ノートルダム清心学園の理事長である渡辺和子さんは、

幼少の頃に二・二六事件で最愛の父親を目の前で亡くされます。

その後は家計を支えるために、米国の方々のもとでキャリアウーマンとして、

ただひたすらに合理性と効率を追求し働かれました。 


しかし三十歳のとき、家族の反対を押し切って入った修道院では、

配膳や洗濯、草むしりなど、いわゆる単純作業の毎日。

渡辺さんも当初はそのギャップに大変戸惑っておられたそうです。

そんなある日のこと、渡辺さんがいつものように配膳の仕事をしていると、先輩のシスターから声を掛けられました。

「あなたは何を考えながら、お皿を並べていますか?」。

渡辺さんは、まさか「つまらない、と考えながら…」とは言えず、

咄嗟に「別に何も考えておりません」と答えました。


するとそのシスターは、にっこりと笑って、

「一枚一枚のお皿を並べて置く時、ここに座る人が『お幸せでありますように』と、

祈りながら置いてみてはどうですか?

そうすれば、お皿を置くという、ただそれだけの仕事も、神様の仕事となるのですよ」


渡辺さんはこの言葉のおかげで、この世に「雑用」

という仕事など無いということがよく分かった、とおっしゃっています。

同じ仕事でも、「雑用」になるか、

「神様の仕事」になるか。それは私たちの心の持ち方次第です。


自分が「する」、「してやってる」と思って行う仕事には、必ず不満と不足が伴います。

それは、自分のものさしで仕事の大小、上下を決め、

自らの心から「つまらない仕事」「取るに足らない仕事」「雑用」を生み出してしまうためです。


一方、「させていただく」と思って行う仕事には、感謝と満足が伴います。

それは、仕事の大小に関係なく、仕事を通じて誰かの幸せを願い、

誰かの役に立とうとする願いが心の中心があるためです。


この心で行えば、仕事は何でも神様の仕事となるのです。

神が生まれる

『生神ということは、ここに神が生まれることである』

室町時代に活躍した浄土真宗の僧、

蓮如上人がある田舎町に訪れた時のことです。

糸を紡いでいた老婆が蓮如上人に向かって、

「私は糸を紡ぎ紡ぎ、念仏を唱えております」と言いました。

老婆は心の中で、蓮如上人がきっと満足の意を表されるであろうと期待していたのですが、

蓮如上人からは思いがけない答えが返ってきました。

「婆様、そうではない。念仏を唱え唱え、糸を紡ぎなされよ」

「糸を紡ぎ紡ぎ、念仏を唱える」とは、糸を紡ぐという仕事をしながらも信心を忘れずにいる、

ということですが、蓮如上人はそれではいけないと。

そうではなくて「念仏を唱え唱え、糸を紡ぐ」。

つまり、信心を中心に置いて、糸を紡ぐという仕事をしなさい、と老婆に教えられたのです。


仕事をしている自分がいて、その自分が信心をしているのであっては、

仕事が行き詰まった時、自分自身が行き詰まった時、助かる道はありません。

信心を中心に置けば、神様が中心に居られることになる。

神様が中心に居られて、信心させて頂いている自分が神様の手足となって働かせて頂くのですから、

仕事が行き詰まっても、自分自身が行き詰まっても、それを乗り越える力を与えて頂けるのです。


通例、神様というのは我々人間とは別にあるように思われていますが、

そうではなく、人間の中に現れる神様、生きた神様なのです。

それが人間が迷いや欲に引っかかっているから、神様が現れることが出来ない。奥の方に押し込められている。

それでは助かる道がありません。


「自分がする」ではなく、すべて神様に「させていただく」。

神様のお仕事を自分の手足を使ってさせていただき、

神様の生きておられる生き方を、自分の生活をもってさせていただくのです。

そこにこそ、助かる道があるのです。

罰を当てない神様

『神様は叱ってはくださっても、罰はお当てなさらない。』

悪いことをすれば天罰が下ると言いますが、

悪いことをした人間に罰を当てよう、罪を償わせようとするのは人間であります。


神様は人間の親であります。自分のことなど忘れ、

助けずには居られないのが親心というものですが、

同じ親でも、神様は人間の親よりも遥かに気が長く、心が広い。

責めるところが一切無い為に、ものを言われることもないのです。

どこまでも助けてやろう、どこまでも救ってやろう。

よしお前がどんなに悪い者であろうとも、どんなにつまらぬ者であろうとも、助けずには居られぬ。

悪ければ悪いだけ、つまらないならつまらないだけ、なお助けずには居られない。

信心とは、神様が自分を愛し、許して下さる親であることを知ること。

神様がいつも自分に寄り添って、この人生を共に生きて下さっていることに気付くことなのです。


そして、そのような罰をお当てにならない神様から、

私たちは「許す心」を学び、頂くことが大切なのです。

人間というのは、どこまでも許されないと助からない。

少しでも責められることがあっては助からない。そういう生き物であります。

小さい子供が育って行くのは親が許してくれるからであり、

私たちもそれでここまで育って来たのです。

仮に子供が何か失敗をしたとしても、その失敗には何か訳があるのだろうと、

親は子供の立場に立って解釈してくれる。その優しさが子供を育てる、落ち着かせるのです。

しかし、そのような許す心を他人に対して持つのは、何と難しいことでしょう…。

他人を責め、押しのけ、恨み、憎む。そんな我が子の姿など、親は見たいなどと思わないでしょう。

相手を許し、助けようとする。そんな大人に育ってもらいたい。

だからこそ、神様はその見本として、決して人を責めず、罰をお当てにならないのです。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター