FC2ブログ

家業が修行って、どういうこと?

金光教の教祖は、「この私が教える『行』というのは、
火の上を渡ったり、滝に打たれる水行などのことをいうのではない。

それぞれが持つ役目や仕事のこと、つまり家業が『行』である」と教えられました。

宗教には、何らかの戒律や禁忌(タブー)があり、修行というのがあります。
比叡山の千日回峰行などは厳しい行で有名ですが、
金光教では、そういう荒行などは奨励しません。
それはこの教祖の教えがあるからです。

つまり、サラリーマンであるとか主婦であるとか、
商売人であるとか、いろいろの職業がありますが、それを『行』とするのです。

職業が修行って、どういうことなのでしょう。

あなたがもしサラリーマンなら、会社の仕事をすることが行なのでしょうか。

仕事のために家族を顧みる時間もなく身を粉にして会社に尽くすことが行なのでしょうか。

時には、会社のために意に反したこともしなければならない。
少しでも多くの収入を得るために、
また出世をするために自分を欺いてでもする仕事が信心の行と言えるのでしょうか。

時折、『私は仕事を精一杯していますから、それが信心の行になっています』と言われる人がいます。
仕事さえしていれば信心の行になっているなんて、ちょっと変ですよね。

私たちの仕事というのは、テーブルの上に置かれた器のようなものだと思います。
その中にどんな料理を入れるは個人の自由です。それぞれ好きなものを入れて食べているのです。

味付けも量も見栄えもみなその人の好みです。
ただ、どんな料理を食べていようが、そのテーブルが不安定では、
いつその器がひっくり返るかわかりませんよね。

修行というのは、その器を置くテーブルのことなのです。
テーブルという土台が安定していなければ、
どんな立派な料理を乗せても安心して食べていられないのですよね。

つまり、この教えの本来の意味はこうです。

「仕事をおろそかにしないで、まめに仕事に努め、
先々まで繁盛するように誠実に熱心に仕事に取り組むための心の修行をすることが、信心の行である。」

ということなのです。テーブルの上の料理が、
いかにゴージャスに沢山並べられても、
心の修行が不完全では、とても人にはお勧めできないのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター