FC2ブログ

心を太くするには?

筋肉には「超回復」という不思議なメカニズムがあるそうです。
それは、筋力トレーニング等で筋肉にいつもより強い負荷がかかると
筋繊維はブチブチと切れてしまい筋肉痛を引き起こしますが、
一定の休憩の期間を得ると、筋繊維は以前よりも太く、強くなって修復されるというものです。

要するに、筋肉を太く、強くするには痛みが伴う程度の負荷と
適切な休憩が必要になるということですね。

これと同じメカニズムが、心にも同じように作用するのではないかと思うのです。
では、心でいう筋肉とはどのようなものなのでしょうか?

一般的に『あの人はハートが強い』とか用いるのは、「忍耐力」がある人に対してですよね。
「忍耐力」が強いために、心が折れてしまいそうな場面に直面しても物事をやり遂げることができたり、
間違った方向へ行かないように自制することができるのです。

だから、「耐えるべきことに耐えることができる」忍耐力がある人に対して、
心が強いとか、芯が太いとか形容するのだと思います。

では、そのような忍耐力を培うために、
「耐えるべきこと」とは一体どのようなものがあるのでしょうか?

中国・清朝末期の軍人である曾国藩(そうこくはん)という方は、
大事を成すには次の四つの事に耐えなければならないと残しています。
一つ目は、社会からの冷遇に耐えること。
二つ目は、苦しみに耐えること。
三つ目は、煩わしいことに耐えること。
四つ目は、退屈に耐えること。

どれも本当に辛いことですね。
しかし、これらを心にも必要な「痛みが伴う負荷」だと考えてみましょう。

人や組織、環境を責めたくなって愚痴や弱音を所かまわず言いたくなるものですが、
それが喉まで出かかっても、重いダンベルを持ちあげる時のようにぐっと耐えてみること。

そして、そのような心を休憩させるために、祈りや瞑想をする時間を日々の生活に取り込むこと。

それを続けることで、心は日々太く、強く再生を繰り返していくのだと思います。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター