FC2ブログ

損して得する生き方とは?

二宮尊徳が若く貧しかった頃の話です。

畑を耕す鍬(すき)が壊れてしまったので
隣の住人に貸してほしいと頼んだところ、
『これから使うところなので、仕事が終わらなければ貸せない』
と断られてしまいました。

そこで尊徳は、
『それでは私が代わりに耕しましょう』
と言って、隣の住人の畑を耕し、そのうえ種まで蒔いてあげた後で鍬を借りることにしました。

そうすると隣の住人は、
『今後は鍬に限らず、何でも困ったことがあれば言って下さい。力になりましょう』
と言われたそうです。

普通なら、貸さないと言った相手にそこまでするのは
『労力が損だからやめておこう』
と考えても無理もない話ですよね。

しかし尊徳は違いました。一見損にも思える行為であっても、
相手の利益、喜びを優先したのです。

そして結果として、尊徳は労働力以上の感謝と人間関係を得たのでした。

さてこの話、結局のところは尊徳も隣の住人もお互いが得をしたということなのですが、
いざこのような生き方を実践しようとするとなんとも難しく、うまくいかない人が多い。

何故でしょうか? 

それは『自分が得するから・損するから』が常に中心にあるためです。
自分が得するからするといった打算は他人からは必ず見えますし、
自分が損をすれば良いというのでは長続きしません。

そうではなく、『相手が得するから・喜ぶから』を常に中心にしてみる。

それが中心にあれば、仮に一時的に自分が損することになっても、
後で不思議と得となって表れてくる。

人でも会社でも、他人に得をさせたり喜ばせるところに人もお金も集まるものですよね。

もしそれが難しければ、人を喜ばせる「ほんの気持ちだけ」
の損を進んですることから始めるのが大変効果的です。

人に何か物をあげる時でも、相手にこれまでしてもらったよりも
「ほんの気持ちだけ」良い物をあげるようにする。

「ほんの気持ちだけ」ですから心と財布にも優しく、
相手の負担にもなりません。

ですが、この「ほんの気持ちだけ」損をすることが身に徳を引き寄せ、
周囲の人が自分を大切にしてくれるようになります。

そうすると他人にしてあげたことが決して損にはならない
「損して得する」生き方を、身を持って学ぶことができる筈です。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして。
いいお話ですね。

素晴らしい内容に感動していたところ、最後に金光教と。

私の家は母が熱心な信者です。
私も幼少の頃よりお世話になっていましたが、
最近は疎遠になっています。
こういう話が聞けるとあらためて感心してしまいます。

おかげはわが心にあり。

学生時代にはてんで理解できなかった言葉ですが、
ようやくこの言葉の意味が理解できる年齢となりました。

これからもときどきお邪魔します。
頑張ってください、応援しています。

コメントを頂き、ありがとうございます。

ご丁寧にありがとうございます。
そのように感じて頂けましたこと、大変励みになります。

私も過去、色々なことが理解できずに
大学卒業と同時に教会を離れ、会社勤めをしていた経験があります。

教会で神と人とに仕えさせていただく身になった今もまだ、
やはり理解できない事が多いのですが、
それでも人のお役に立てればと思い、
金光教だけでなく、世の中から広く学び、このブログを書かせて頂いております。

「おかげはわが心にあり」という心を育んで下さったお母様、
大変素晴らしく、また私もそのようになりたいと思います。

どうぞ、今後ともよろしくお願いいたします。
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター