FC2ブログ

トイレ掃除で心を磨く?

昨年紅白にも出場された植村花菜(うえむらかな)さんの
「トイレの神様」という歌が、涙無しには聞けないとして大変話題になっていますね。

その歌詞の中に
『トイレにはそれはそれはキレイな女神様がいるんやで
 だから毎日キレイにしたら女神様みたいにべっぴんさんになれるんやで』
とあります。

この曲以外でもトイレにはお金の神様や開運の神様がいて、
トイレを掃除すると御利益が頂けるという話が昔からありますよね。

では、家の中で特に汚れと臭いがきつい場所であるトイレに、何故神様がいるのでしょうか?

イエローハットの創業者である鍵山秀三郎(かぎやまひでさぶろう)さんは
トイレ掃除について、
『トイレ掃除をするとき人は上ではなく下を向く。この姿勢を通して人は謙虚になれるのです。』
とおっしゃっています。

金光教祖の教えに、
『身に徳がつくほど、かがんで通れ』とあります。

人間というのは財産ができたり、
先生と呼ばれるようになると頭を下げる機会が少なくなって、
気付かないうちに傲慢になってしまうものです。

そうはならないように、家の中で最も汚ない場所であるトイレに向って、
かがんで掃除をさせて頂くことが謙虚さを養うために必要であるということですね。

加えて、家庭や職場などでトイレを使用する際には、
自分に代わって日々掃除をして下さっている方に対する感謝の気持ちも湧いてくる筈です。

このように考えていくと、トイレ掃除というものが、
たんにトイレを綺麗にするというだけではなく、
「謙虚さ」や「感謝」といった、人として最も大切な心を養う
「心を磨く」作業になることがよく分かりますね。

心の変化は外見にも表れてきますし、人間関係や出来事にも表れてくるものです。

心の働きだけで考えてもトイレ掃除にはこれだけの効果があるわけですから、
『トイレには神様がいて、掃除をすれば御利益を下さる』との先人たちの教え通り、
トイレという場所には理屈を超えた何かがあるのだと思います。

私たちもトイレ掃除をして心を磨き、
摩訶不思議な神様のお働きにあやかりたいものですね。
関連記事

テーマ : 哲学/倫理学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター