FC2ブログ

悩むのは悪いことか?

ストレス学の第一人者であるハンス・セリエ博士によると、
ストレスには「悪いストレス」と「良いストレス」の2種類があるそうです。

悪いストレスが人を心身共に疲れさせ、
うつや胃潰瘍の原因となるのに対し、
「良いストレス」は人を奮い立たせる刺激となり、
免疫系を支え、寿命を延ばし、人生の喜びを増してくれるのだそうです。

そして、ストレスを「悪いストレス」にするか、
「良いストレス」にするかは、他でもない本人の受け取り方・
心のあり方に寄るものが大変大きいということです。

今日は日頃私たちが受けるストレスの中でも「悪いストレス」になりがちな、
「悩み」というものに対して、どのような受け取り方をすればよいのか? 
考えていきたいと思います。

そもそも、何故人は悩むのでしょうか?
 
私たちが無意識であれ、『こうしたい』『こうなりたい』と願望を持つと、
その実現に対して自分にとって足りないものを必ず見せられることになります。

その願望と現実とのギャップから「悩み」が生じるわけですが、
これは人間にとって必要不可欠な心の働きのひとつなのです。

例えば、人は誰しも健康に生きたいという願望を持っていますが、
不摂生を続ければ当然身体に異常が出てきます。

その異常が深刻であればあるほど「悩み」も大きくなるわけですが、
その「悩み」があるからこそ、何とかしよう、
不摂生をやめようということになりますよね。

日頃私たちが感じるあらゆる悩みも、
根本的には同じ事で、「悩み」自体が問題ではなく、
悩みに対してより良く自分の考えや行動を変えていけるか?
ということが問題となるのです。

『信心が篤くなるほどお試しがある。お試しがあるのはおかげである。』とあります。

「悩む」都度、自分が向上できるかが試されているわけですから、
実は人生の伸びしろが与えられている。

おかげを頂いているということになりますよね。

そう受け取ることができた時から、
悩みも「良いストレス」として、自分にとってさらにプラスに働いてくると思いますよ。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター