FC2ブログ

人を育てるには?

人を育てる方法は大きく分けて2つあると言われています。
1つは褒めて育てる方法、もう1つは叱って育てる方法。

いずれも最終的には相手に気付きを与え、
本人の成長を促す行為には違いないのですが、
そのアプローチは全く違いますよね。

名経営者と呼ばれる方々はよくこれを「アメとムチ」
と言って上手に使い分けられるそうですが、
私たちが周囲の人間にいざ実践しようとすると、
とても難しいということを思い知らされます。

特に「ムチ」を使う、叱るという行為は、
そもそも相手との間に相当な信頼関係が無ければ通用しません。

加えて、高い論理性が必要とされます。

叱っているつもりがついつい感情的になり、
相手の人格を否定するような結果になってしまうと、
育てるどころか人間関係自体が崩壊してしまいます。

逆に「アメ」を使う、褒めるという行為は叱ることに比べてはるかに簡単ですし、
論理性はなくとも相手に自信を持たせることができます。

人間、褒められて気を悪くすることはあまりないものですよね。 

唯一難しいのは、相手の長所を見つけるということです。
これは、人間には短所が多いからというよりは、
私たちが長所を見つけることに慣れていないために難しいのです。

今なお理想の教育者と呼ばれる吉田松陰は「褒める」名人であったそうです。

その特徴は相手の長所を見つけては、『天下一』などと言って、
もう相手が感動するぐらい、褒めちぎったところにあります。

彼は投獄された時でさえ、獄中の罪人たちの長所を褒めて『~先生』と呼び親しみ、
ついにはすべての罪人を先生としてしまいます。

すると、しだいにお互いが学び合い教え合い、
やがて門番さえも彼らの授業に加わるようになりました。

そして、いつの間にか、松陰を閉じこめた牢獄は、
日本史を変えるほどの塾に発展していくのです。

このように人は褒められることによって、自信がつき、
どんどん成長していく性質があります。

人を育てるには、難しい「叱る」方法の前に、
簡単な「褒める」方法からマスターしましょう。
そのために、相手の長所を見つけたら、
松陰のように褒めちぎってみることが大変良い訓練になりますよ
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター