FC2ブログ

何故「目的」を持たねばならないのか?

中国にこんなお話があります。
ある高僧が旅の途中に石切り場を通りかかった際、
そこで働いていた3人の若者にそれぞれ
『何をしているのか?』と尋ねました。

1人目の若者は、『石を切っています』
とだけ答えました。

2人目の若者は、『ほかの仕事より割がいいから石切りをしています』
と答えました。

3人目の若者は、『後世に残る大聖堂をつくるために石切りをしています』
と答えました。

この訓話は目的を持つことの重要性を示しています。
3人とも同じ作業をしていますが、
3人目の若者は将来必ず親方となり目的を達成することでしょう。

目的を持つとは、この3人目の若者のように
最終到着地を決めて生きるということです。

よく似た言葉に目標というものがありますが、
目標とは目的を達成するためのひとつの通過点のことですので、
何事もまずは目的を持たなければ正しい目標も立てられません。

目的を持っていないがために、
精一杯働いて目標を達成し続けたにも関わらず、
気付けばもっと大切なものを犠牲にしてしまったという人が大勢います。

そうはならないために、
仕事であればその会社を退職する日を想像し、
会社の仲間からどのように思われて自分は去っていきたいか? 

どのような功績を残して去っていきたいか? 
ということを考えてみて下さい。

この人生でも同じことです。
この人生を通して人からどのように思われ、
どのような貢献をして去っていきたいか? 

そこであなたが描いたものが人生の目的となります。

ここで重要なのは、それぞれ描く最後の姿とは、
感動するようなハッピーエンドであるということです。

私たちの心は、「より快適に、より幸せに生きる」
ために働いています。

この心の働きと自分が立てた目的とが同じ方向に向かった際に、
心が活き活きとし運までも引き寄せるようになるのです。

心を働かせ、向かうべきハッピーエンドを実現するために、
まずは目的を持たなければならないわけですね。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター