fc2ブログ

心を込めて

「話すこと」と「聞くこと」とは、まるで違うことのように思われるのですが、
まことに通じるところがあります。

赤ん坊は生まれてすぐに話すことは出来ません。
声をあげて泣いてはおりますが、何を言っているのかは分からない。
母親だけは不思議とそれが何を言おうとしているのか分かるようですが、
それでも赤ん坊が話しているとは言えないでしょう。
それがいつの間にやら、皆にも分かることを話すようになる。

なぜ話せるようになるのかと言えば、それは周囲の人の話をしっかりと聞いているからなのです。
人の話を聞いて、だんだんと分かるようになり、それで、皆にも分かることを言うようになる。
聞くことなくして、話すことなど出来はしません。

耳の聞こえない方であっても、手や唇で話される。
それも同じことであって、耳で聞く代わりに目や体の一部から、
この天地自然、人の心を受け取っているのです。
その受け取るということがなければ、自分の思いを表現でもって人に伝えることなど出来はしません。

ですから人が話をする時には、日頃から心を込めて聞いて、相手の心を受け取っていなければなりません。
ただぼんやりと耳を向けている、心を込めて聞いていないようであっては、
自分が話すことも自分勝手でとりとめのない話しか出来ず、その結果、
誰も自分の話を聞いてくれないようになる。これは当然のことなのです。

このお道は、「話を聞いて助かる道」と言います。
聞くという行為の中に徳が備わっていて、そこに神様がお働き下さるのです。
愚痴や不足を聞くのは誰でも嫌なことでしょうが、その時こそ相手の本音が出ているわけですから、
身を入れて本気で聞かせて頂き、その場限りで解消してしまいさえすれば、
「愚痴」と名をつけるまでもなく、それは有り難い「打ち明け話」となるのです。 
聞き手が「うるさい、くだらない、聞きたくもない」とはねつけた瞬間にその話には「愚痴」という名がつくのです。
聞くことに、どれだけ心を込めて聞くか。祈りを込めて聞くか。ここが肝心なのです。

関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター