fc2ブログ

信心する者としない者

『厄日に風が吹いても倒れさえせねば、吹かなかったと同じであろう。
信心していれば、どこにどのような風が吹いておろうとも、吹く風に時を嫌わして下さる。
たとえ風が当たっても、おかげの風にして下さる。
ご信心さえしていれば、厄年も無常の風も恐れることはない。
厄年がかえっておかげの年になる。』


「自分には、取り立てて心配な事は何も無い」と言われる方がおられますが、
どんな人でも突き詰めて考えてみた時に、「これでもう安心だ」と言い切れるものなど、実は何一つ無いのですね。
健康のこと、経済のこと、人間関係のこと、家族のこと…。
どれ一つをとってみても、これでもう心配はいらないと保証し得るものなど何もありません。 

「何も言うことが無い」というのも、言ってしまえば、
今はたまたま異常な事態に出逢っていないというだけのことであって、
一度異常な事態が起きてくれば、その苦しみを背負って生きていかねばなりません。

「無常の風」とは、諸行無常という仏道の教えです。
一切の形あるものは、常に変化していく。
風が花を散らすように、人間の命も無常が奪い取る。
無常の風は時の良し悪しなど待ってはくれません。
そのように、元来、人間はわが身がわが自由になるものでないのですね。

しかし、そのような過酷な現実に対しても、
「時」の流れの中に神様の計らい(ご時節)があると説いているのです。
ご時節のお繰り合わせを頂いたら、「無常の風は時をきらわぬ(時を選ばない)」と嘆くことはない。
この世がたとえ諸行無常であっても、人間を生かし育んでくださっておられる
親神様のおかげを受けて生きるという、人間の依るべき根っこをはっきりと掴んでいれば安心なのです。
「信心する者とせぬ者とでは、親のある子とない子ほど違う」
という教えも、そのような神様のお働きを指しているのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター