FC2ブログ

上善如水

『老子』の中に『上善は水の如し』という言葉があります。

上善とは「最も理想的な生き方」という意味であり、そういう生き方をしたいと願うならば、
水のあり方に学びさない、という教えです。

川を流れる水を想像してみて下さい。
途中の岩や木の根にぶつかりながらも、さらさらと流れていく。
水というものは、その時々の環境に応じて自由自在に動いていくところにこそ、その本質があるのです。

人間の生き方も、何事にもとらわれることなく、どこどこまでもさらさらと生きていけるようになった時にこそ、
本当に「助かった」、「救われた」と言えるのでありまして、それが私たちが求めてやまぬ生き方なのではないでしょうか。

ところが、そのようにさらさらと生きることを邪魔するものが、私たちの心の中にある。
それを「我」と言い、また「執着」と言います。
「我」も「執着」も、一つの事にこびりついて動かぬ心のあり方を言うものです。

川の流れで言いますと、一カ所にせかれて停滞しているのが迷いや心配している様子、
そこから流れが激しくなっているのが腹を立てている様子です。

なぜ流れが停滞したり激しくなったりするかと言いますと、
それは「我」なり「執着」なりというものが川底にこびりついて、水の流れを邪魔しているためです。

お道の教えとは、どんなことにもとらわれず、凝らず、迷わず、
しっかりとした生き方をしていくことを心に決めることです。

他人を見る見方においても、あの人はこういう人間だ、と決めつけてしまうところから、
その相手のことをあれこれと悩まなければならないようになる。
それがもっと自由な見方が出来るようになると、相手を決めつけることなく、
その人が何かした場合にも、それにはどういう事情があったのだろう、何か訳があるに違いない、
と察することが出来るようになり、責める心がおさまってくるのです。。

「我」や「執着」を離れていくことで、
山を流れる川の水のように、さらさらとした生き方が出来るようになるのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター