FC2ブログ

神様にお任せする

昭和の政治家である広田弘毅(ひろた こうき)は、四十八歳のとき、
それまでの華やかな出世街道から一転、オランダ公使の閑職に左遷されます。

左遷の知らせを聞いた友人たちは驚き、彼を慰めたり、励ましたりしましたが、
当の本人である彼自身はきわめて平然としており、逆に友人たちの激情をなだめ、気さくに俳句を吟じます。

「風車(かざぐるま) 風が吹くまで 昼寝かな」 

風車はオランダのトレードマークであす。
風車はいかに精巧であっても風が吹かないと回らないものですから、
自分の境遇をそんな風車になぞらえて、機会という風が吹くまで、
昼寝でもするかのごとくゆっくり待とうじゃないかと言ったのです。

彼の凄さは、政治的手腕もさることながら、
そのような逆境に対する心の持ち方にあったと言えるでしょう。

そうして、オランダ公使四年の間に力を蓄え、
やがて外務大臣、内閣総理大臣へと出世していくこととなるのです。

お道の教えに、このようにあります。
『どうにもならないと思う時にでも、わめき回るようなことをするな。
じっと眠たくなるような心持ちになれ』


何かできる時には、そのことを精一杯させて頂けばよいですが、
どうにもならない時には、何もしないで昼寝でもするかのごとく心を落ち着かせることが、
一つの大切な仕事となるのです。

何かするということも大切なことですが、
何もしないで時節を待つということにも、それに劣らぬ値打ちがあるのです。

どうにもならないことを自分の力でどうにかしようと思うと、
解決がつかず、ますます苦しくなっていきます。

ですから、どうにもならないことはまな板の上の鯉のように自分を神様に全て投げ出し、お任せする。
自分の力でどうにかしようという我を捨てることが大切なのです。 

そのように神様に任せきり、凝り固まった自分の我を放れることができれば、
物事は自然に好転して行くものであることを、忘れてはなりません。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター