FC2ブログ

自分が書いたシナリオ

『人間は、生まれるときに
証文を書いてきているようなものである』


「出来事には必ず教えがある」という言葉があるように、
この人生の中で、悩んだり、迷ったり、苦しんだりした時、
この出来事は「自分に何を教えているのか」と考えてみることが大切です。

その際、自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りである
と信じることができたならば、心はとても楽になります。

自分の魂の書いたシナリオ通りであるなら、過去を悔やむこともない。
未来を案ずることもない。何故なら、自分の魂の成長のために、
最良、最高、最適なシナリオを神様とご相談のうえ決めて、この世に生まれてきたのですから。

そのように考えると、「死ぬ」ということも実は不幸ではないのです。
死ぬこともすべて、生まれる前に「自分が書いたシナリオ」なのです。
ですから、不運・不幸で死ぬのではなく、シナリオ通りに死んでいく。
死ぬのは、事故でも病気でも老衰でもなく、「寿命」しかないのです。

幼い子どもを亡くすというのは親にとってこれほど辛いことは無い。
出来ることなら自分が代わってやりたいと思うのが親心というものでしょう。
しかし、実はそれも、「子ども自身が生まれる前に書いてきたシナリオ」であり、
親も同様に、「子どもを先に逝かせる」というシナリオを書いて生まれてきたということになります。

残された親は悲しむのは当然なのですが、その悲しみを乗り越えられるかが重要なのですね。
亡くなった子どもは、悲しみだけでなく色々なものを親に与えにきてくれたのです。
悲しみの体験を通じて、その親は他の悩みや苦しみを抱える人たちの人生相談に乗ることができ、
優しく慰めることが出来るようになる。そのような親になってもらうことこそが、亡くなった子どもの願いなのですね。

不幸にしか見えない事柄の中に、どれだけの恩寵があることか。
その苦悩や絶望が縁となって、神様の願いに気付かせていただき、
そこから信心の道に進ませていただけるのです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター