FC2ブログ

表行よりも心行をせよ

『人を不足に思わず、物事に不自由を行とし、
仕事に勤め、身分相応を過ごさぬよう倹約をし、だれにも言わずに行えば、これ心行なり』

明治中期の頃、ある方が金光教祖のもとに参られ、このような相談をされました。
「徳を積ませて頂くためにしばらくの間、山に籠もって
修行させて頂こうと思うのですが、いかがなものでしょうか」

すると金光教祖は、このように御取次されました。
「それは結構ですね。しかし、何もわざわざ不自由な山に籠もらずとも、
心の中に山をこしらえて、その中で修行をされたらどうでしょうか。
自分が山に入った心になっていれば、どんなに不自由なことがあっても、
また奥さんの作った料理がたとえ不味かったとしても、決して不足を言うことはないでしょう」
 
さて、修行と言いますと、
形を正すことによって心を正す表行(わぎょう)と、
まず心を正して形にまで及ぼす心行(しんぎょう)との
大きく二つに分かれます。
そして大抵の者は表行をしたがる。
これは私自身もそうでありましたからよく分かります。

元来人間の心というのは大変変わりやすいものですから、
心をただ心だけで維持しようとするのは大変難しい。
そこで、生活の中に見える形として現し、そこで維持していくようにすると、
自分の信心があたかも進んだような気分になります。
寒中に冷水を浴びたり、断食したりすることがこれに当たります。

しかし、そうした表行をして、どれだけ我が身を苦しめてみても、
残念ながらその効果とは意外と小さく、短いものであります。
山の仙人にはなれても、里で仙人になることは今も昔も大変難しいのですね。

そこで金光教祖は、「表行よりも心行をせよ」と教えておられるのです。
心行とは身に起こる一切の問題、不自由を「行」と受け切るところにあります。
しかし、受け切ると言っても、それがただのやせ我慢、忍耐であっては、それも表行となってしまいます。
真の心行とは、そこに山をこしらえて、一歩進んで嬉しい心で受け切る器を養うところにあるのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター