FC2ブログ

真の仕事

お道の教えにこのようにあります。

『しんじんとは信の心ではなく、神人(かみひと)と書く』

マザー・テレサが、東京都府中市にあるマザー・テレサの支援団体
「愛のファミリー協会」に宛てた手紙に、このように書いておられます。

「誰もしようとしないような、小さな、つまらないと思えるような仕事をしましょう。
小さ過ぎるということはありません。
私たちは小さい者ですから、それにふさわしいやり方で、ものごとを見ていきましょう。
目の見えない人に手紙を書いてあげたり、横に座って話を聞いてあげたり、手紙を出してあげたり、
ちょっと人を訪ねるとか、お花を持って行くとか、誰かのために洗濯や掃除をしてあげましょう。
つまらないと思える仕事が、私やあなたのする仕事なのです」 

宗旨宗派は違えど、信仰(信心)の肝心要のところを
大変分かりやすい言葉でお教え下さっておられます。

商売繁昌、交通事故に遭わないように、宝くじが当たるように…
そうした自分の願いを叶えるために信仰がある、と思っている人が多いのが現状です。 

しかし、真の信仰とは、そのような現世利益の道ではありません。
現世利益をまったく否定したりはしませんが、それはあくまでも入り口であり、
願いは神願成就、人の助かりなのです。

教会に参拝して神様に願ったならば、
そこで神様をわが身に頂いて家庭や職場に行かせて頂くのです。

家庭や職場に難儀があれば、その難儀のある家庭や職場の中に入り込んで、
わが身を使って人を助ける神様の仕事に立たせて頂くのです。

これまでは自分ばかりが重荷を負わされている、
面倒な事ばかりさせられる、我慢ばかりさせられる、そのように思っていた…。
これからは人を助ける神様の仕事をさせて頂くと心に決めて、
自分の手足を通して、自分の生活を通して、
神様の生きておられる働きをさせて頂く。それが私たちの真の仕事なのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター