FC2ブログ

墻外底(しょうがいてい)

『信心といっても別にむずかしいことはない。
 親にものを言うように、朝起きたらお礼を申し、 その日のことが都合よくいくように願い、
 よそへ行く時には、行ってまいりますと言って届け申しあげよ。

 そして、帰って来れば、無事で帰りましたとお礼を言い、
 夜寝る時にはまた、その日のお礼を申して寝るようにすれば、
 それで信心になる』

中国・唐の末期に趙州従諗(じょうしゅう じゅうしん)という禅僧がおられました。
ある時、一人の雲水が「道とは何ですか?」と問うたところ、趙州和尚はあっさりと
「墻外底(しょうがいてい)」道なら垣根の外に在るわい、と答えました。

雲水は馬鹿にされたと思って、
「私がお尋ねしているのは、その道のことじゃありません。仏教の大道を尋ねているのです」
と口をとがらして言いました。

すると趙州和尚はこう答えます。
「ああ、大道は長安に通っておる」と。有名な公案であります。

『道』というものが何か高尚な概念だと決めつけている雲水に、
垣根の外の小道もたどっていけば都に通じているように、
生活の全て、一挙一動が人として踏み行うべき正しい道、大道に通じているのだ。
つまり、道とは実践なのだと諭したわけです。

神様がどこにいて、どのような姿で、男か女か、などというのも、さしたる問題ではありません。
道が分かる、神様が分かるということは、
知識や学問として理解するというものではなく、
自分自身の生き方、信心が進んでいく中で、自分の命、生活は自分だけのものではなく、
一切の働きによって「生かされて生きている」ということを知ることです。

大切なことは、一日一日、
「生かされて生きている」ことに感謝をして生きていくこと。
その想いで毎日の仕事を有り難くさせていただく。
人と物を大事にさせていただく。
それが信心であり、肝心要のところはここにあるのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター