FC2ブログ

生きる用意をせよ

曹洞宗の開祖である道元(どうげん)禅師に、弟子がこのように尋ねます。

「人間は皆仏性(ぶっしょう)を持って生まれていると教えられましたが、

仏性を持っているはずの人間に、なぜ成功する者としない者がいるのでしょうか?」

すると、道元はこう答えました。

「教えてもよいが、一度自分でよく考えてみなさい」

そこで弟子は一晩真剣に考えてみたのですが、やはり分かりません。

そこで再び道元禅師に尋ねたところ、このように答えました。

「それならば教えてやろう。成功する者は努力する。しない者は努力しない。その差である」

弟子はすっかり納得し、大喜びしました。

しかしその晩、新たな疑問が湧いてきました。

仏性を持っている人間に、どうして努力する者としない者が出てくるのだろうか。

そこでまた翌日、道元禅師にそのことを尋ねました。するとこう答えました。

「努力する者には志がある。しない者には志がない。その差である」

弟子はまた納得し、喜んで帰りました。しかしその晩、またまた疑問が湧いてきます。

仏性のある人間にどうして志がある者とない者があるのか。弟子はまた尋ねます。するとこう答えました。

「志のある者は、人間は必ず死ぬということを知っている。

 志のない者は、人間が必ず死ぬということを本当の意味で知らない。その差である」


何事も成功するには、志を持ち努力する必要があるが、そのためには死というものを知る、

つまりこの人生が有限であるという、切実さを持たなければならない、そのように弟子に諭したのであります。

お道の教えに『死ぬ用意をするな。生きる用意をせよ』とあります。

死に対する覚悟とは、安心して死ぬために定めるものではありません。

死に対する覚悟がなければ、生きている間も何事に対しても覚悟が定まらないから、

死に対して覚悟を定める必要があるのです。

切実に全力を尽くして今日という日を送るなら、

死ぬという事実もいつかの今日の出来事でしかなく、悔いは無い。

そういう生きる用意をしたいものです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター