FC2ブログ

信心の稽古

『信心は、一年一年ありがとうなってくるのでなければ本当ではない。』


茶道を大成した千利休(せんのりきゅう)の歌に、このようにあります。

 「稽古とは 一より習いて 十を知り 十よりかえる もとのその一」

一、二、三…と習い、十まで知ったならば一に戻って、再びもとの一を習う時、

習う人の心は全く変わっているものです。

端から見ればもとの一は同じように見えますが、

習っている本人にとってみれば、最初に習った時と異なっている。

このことが人の進歩につながるのであって、十を知り、もとの一に戻らぬ人は、

それ以上の進歩は望めないのですね。

では、信心の「一」とは何なのか。

それは、人によってそれぞれ違います。

このお道に入るきっかけとなった、心の底から「ありがたい」と思えた、その原体験こそが「一」なのだと思うのです。

その「ありがたい」心を忘れることが無いように、日々、感謝と反省を胸に神仏に手を掌わせる。

そして、今日という一日を出来る限り大切に過ごそうとする。

それを毎日続けさせて頂くことが、そのまま信心なのだと思うのです。

信仰上の修行というのも、もともとはそのためにある。

木魚を叩いて念仏を唱えたり、断食をしたり、山に登ったり、川を渡ったり。

それらはすべて、その間に感じる、何とも言えぬ有り難い心を自らに覚え込ませ、

自らがそのように成り切るために、させて頂くことなのです。

このお道では、体を痛めつけたり我慢したりする修行はない。

その代わりに、「ありがたい」心を持ち続けることを修行とするのです。

あらためて一を習うと、その一が、きわめて新鮮になり、また違った経験が得られる。

そこから次に向けての工夫が生まれるのです。

日々させていただく信心生活が、一日一日、一年一年、有り難いという想いが増えていっているか、そうでないか。

ここのところを、信心の標準とさせていただきましょう。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター