FC2ブログ

共生

『信心は家内に不和の無きが元なり。』

数ある教えの中でも、この教えを体現するのは難しいことですよね。

考えてもみますと、私たちが生きていく上で中心となる家庭という集団は、

生まれてみたら、それが自分の家庭であり、

物心ついたら、それが自分の親であり、兄弟であり、親族であった、

という中で共に育ってきただけに過ぎません。

自分の意志でないところで成り立っているだけに、

それぞれに性格も能力も考えも皆違いがあって当然なのです。

さらには、年齢や育った世代の違いから来る、生活様式や価値観の違いを持ち込んでおり、

一様には行かない複雑な要素を抱えているのが家庭なのですね。

その家庭の中核にある夫婦の関係というのも、

結婚するまでは別々の生活環境の中で育ち、別々の性格や感情を持った者が、

途中から夫婦生活を始めるわけですから、そもそも「一心同体」などではないわけです。

元々「二心二体」であるものを、夫婦になった以上、一心同体でなくてはならぬ、

そのようにあるべきである、などと勘違いするところから、夫婦の争いが起こってくるのではないでしょうか。


ですから、少し見方を変えてみてはいかがでしょうか。

つまり、本来平和があるのでなく、あるものは不和なのです。

もともと不和があって、放っておいても何とかなるような

甘いものではないと心得ることが肝心なのです。

しかし、私たちが幸せになるためには平和が必要ですから、そこに道を求め、

信心させて頂くことによって、日々の生活の中に、人間関係の中に、家庭の中に

道の働きを現せる人間にならせて頂くことが大切なのですね。

インドの初代首相ネルーは、「共生」という言葉を政治の世界にいち早く取り入れた人物ですが、

彼は「共生以外の唯一の道は、共に破滅することである」と断言しています。

違う生き物が、お互いに助け合い支え合って生きているということを心得なくてはなりません。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター