FC2ブログ

心に真を持つ

『広大なおかげ、広大なおかげと言うが、

 おかげとは氏子のめいめいの真に映る影のこと

 じゃから、神様に大きな真を向けて見よ、

 大きなおかげがわが身にいただける。

 小さな真で大きなおかげはもらえぬぞ。

 影は形にそうと決まったものじゃ。』


天気が良ければ、機嫌が良い。しかし天気が悪ければ、機嫌も悪い。

これでは信心させていただいている甲斐がありません。

信心させていただくとはどのようなことか。

それは例えて言うならば、自らの心に天気を持つということです。

雨が降ろうが陽が照ろうが関係なく、いつも心が晴れ渡っている。

周りの環境がどうであろうとも、自分自身に有り難い心が定まっていて、

その有り難い心を持って人に親切にし、物事にあたっては実意丁寧な生き方ができるようになる。

そのような本当にしっかりとした人間にならせていただくことを願い、実践することが信心だと思うのです。


そして、そのような信心をさせていただくことによって、

だんだんと運命が良い方へ変わっていくのですね。

私たちの運命、現在いる環境とは、実は自分自身の心が定めた場所なのです。

それは今の自分にとっての最適な場所であり、最善の学びの場に違い無い。

しかし、もし私たちが今いる環境で必要なことを学び、そして成長し、自分の心が変わったならば、

次の新しい環境が目の前に現れることになる。つまり、今の環境から「卒業」するのですね。

大半の人が自分の環境が改善されることを願いますが、自分の心を改善することには興味がない。

いつになっても自分の環境を改善できないでいる理由が、ここにあるのです。

幸せも成功も、私たちの心の影なのです。

実体が大きいほど影も大きくなる。

心に大きな真があれば、それだけ大きなおかげが受けられるのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター