FC2ブログ

正しい処で待つ

『子の頭を叩くより、親である自分の頭を叩けば、すぐおかげになる』

鹿児島・薩摩にはかつて「郷中(ごちゅう)教育」と呼ばれる、

武士階級の子弟教育法がありました。

その特徴は、町内の子供たちの中で一つの組織をつくり、

年長者が若年者の先生役として指導するというものですが、

その指導方法とは言葉によるものではなく、行動によって手本を見せるというものでした。


そして、あの西郷隆盛も、この独自の教育方法の中で育った一人なのです。

その西郷が鹿児島に私学校を開校するにあたり、

校長には、西郷と同じ郷中に育った後輩である篠原国幹(しのはら くにもと)を選び、その教育を託しました。

さっそく篠原は私学校の教育体制を整えようと考え、西郷にこう尋ねます。

「私学校の校則はどのようにしましょうか?」

すると西郷は篠原をじっと見返し、一言言いました。

「お前が校則になれ」

生徒は教師を見習うものですが、その教師が見習うのはその上司である校長に他なりません。

校則を条文として書くことよりも、まずは自ら模範となってやってみせよ、そのように西郷は諭したのです。

家庭でも会社でも、自分が上に立ってみると、相手を指導するにも自分の権限を利用して、

ついつい言葉に頼ってしまいがちです。

そして偉そうに言う割には自分も出来ていなかったりすることがあるので、相手にも本当に正しいことが伝わらないのです。

言葉で言うのは簡単ですが、いざ行動に現すとなると大変難しい。それは相手も同じことです。

誰かと待ち合わせするのでも、自分が間違った場所にいては、

いつまでたっても相手と会うことは出来ないでしょう。

自分が約束通りの正しい場所で待っているのであれば、

たとえ相手が遅れたとしても、いつかは必ず会えるものです。

相手に正しい処に来て欲しいと願うならば、まずはこちらが、正しい処で待つことが大事なのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター