FC2ブログ

人を信じること

人を育てるとは、相手を信じ、思いやることです。

影響力のある人とは、権威をふりかざして

他人の間違いを非難する人のことでは決してありません。

相手の反感を買いながら、その人を変えることなど絶対に出来はしない、

ということを私たちは肝に銘じなくてはなりません。

誰しもが励ましの言葉を望んでいる。

自分の存在意義を認めて欲しいと切望しているのです。

ですから、他の人間が自分のことを本当に愛してくれていると信じ切れた時、

はじめて人は心の底から落ち着くことが出来、

自分の持ち味を発揮することが出来、成長することが出来るのです。


親と子の関係とは、言わばその代表例と言ってもよいでしょう。

親と子の間柄の良いところは、親が子を無条件に許すところにあります。

親は子どもの事を子ども自身が知っているよりもよく知っており、

子どもの欠点短所をもよく知っていて、その上で可愛がることが出来る。

また欠点短所を許すことが出来る。

子どもからすれば、この「知っていて可愛がってくれる」、「知っていて許してくれる」、

ここに有り難いところがあり、助かるところがあり、育てられるところがあるのです。


自分の秘密を親ほどよく知っていて、もし可愛がらないということになれば、

これほど恐ろしい敵はいません。油断も何も出来たものではない。

けれども、子どもが親の前では用心せねばという気が少しもしないのは、

自分のありのままを親が愛してくれる、許してくれる、と

子ども自身がよく分かっているからなのです。


その深い親しみは何とも言えぬものですが、

もし名をつけるとすれば、これこそが「信じる」という心持ちなのでしょう。


人を信じて励ますこと。これが出来る人はどこにいても偉大な教育者となれるのです。

人を信じてこそ、相手は誠実に応えてくれる。

優れた人間だと認めてこそ、優れた資質を示してくれるのです。

育てるとは、信じること。このことを忘れてはなりません。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター