FC2ブログ

自分が見えていればこそ

人生というのは何事も思い通りに行くものではない。

そのことは誰もが知っていることでしょう。

そして、何か一つの思いが叶ったとしても、また一つ思うことが増える。

一つの欲が満たされれば、また次の欲が起こる。

ですから不平や不足というのは言い出せばキリが無い。

このことも誰もが知っていることでしょう。


しかし、それらのことが頭で分かっていると言ったところで、

不足を言うのを止めるのは大変難しいことです。

それだけ、「不足の根」というのは、私たちの心に大変深く根付いているのです。


その他の根、腹立ちや心配や恨みや疑いなど、色々な困った心持ちの根というのも同じで、

自分の力でどうにかしようとしたところで、たとえ表面上は取り繕うことが出来たにせよ、

根を断つことは出来ません。根が残っている以上、何かの拍子で必ず表に現れてくるのです。


そこで、このお道では信心を通して、「自分を見よ」と説いているのです。

自分をしっかりと見て行けば、不足を言わない、腹を立てまいと心掛ければ心掛ける程、

不足に思い、腹を立ててしまう、どうしようもない私であるということが分かり、

自分の力ではどうする事も出来ない私であるということが得心出来る。

そこで自分を見直さざる得なくなる。その時はじめて一筋の光明が指すのです。


不平や不足が起こるというのは、自分を良しとし、

これ位のことはしてもらって当然だと思う気持ちが必ずどこかにあるのです。

そのような思い上がり、勘違いが砕かれたとき、不足の根も断たれるのです。


また、自分が見えることによって、相手だけが悪いと思っていたことが、

自分も相手も根本的には変わらないことが分かるところから、

相手の悪いところも許せるようになり、また善いところもよく見えてくるようになります。


自分が見えていればこそ、他の人が悪いところを出しても、

それが我が内にもあることを知っているから、簡単には責められなくなる、蔑めなくなる。

不足の根が断ち切れた時、その他の色々な困った根も断ち切れて行くのです

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター