FC2ブログ

家庭は心行の場

『信心は家内に不和の無きが元なり』

人間の愛情というのは、長く保っても3年と言われますよね。

結婚してから20年、30年経っても仲の良い夫婦というのは、

愛情は無いとは言いませんが(笑)、

愛情以外の結び付きをしっかりと築き上げることが出来たからこそ、それだけ仲が良いのです。


愛情以外の結び付きとは、「尊敬」や「理解」、「共感」といった心情です。

愛情を永遠のものだと勘違いして、それにずっと寄りかかっていると、結婚生活は破綻しやすいようです。

ですから、「愛情だけでは保っても3年」ということを心に置いて、

相手を尊敬できるように、理解、共感できるように、お互いに努めなくてはなりません。


他人から言われたときは、怒らないで踏み止まることができるのに、

同じ言葉を夫・妻から言われると、すぐに腹が立つ。

そんな覚えはないでしょうか。


外では踏み止まれるのに、家では踏み止められない。

それは自分の心が未熟だからなのです。

それに尽きる。


自分の人生は、自分の魂が書いたシナリオ通りに進んでいきます。

自分の魂の成長のために、最良、最高、最適なシナリオを神様とご相談のうえ決めて、

この世に生まれてきたのです。

結婚することも、誰と結婚するかも、自分が生まれる前に決めているわけです。


何故結婚する人生を選んだのか。

それは、結婚を通して人間として成長するためなのですね。


ですから、家庭というものは、

自分の思いを通す場所でも、甘える場所でも、ストレスを発散する場所でもないのです。

家庭は、「自分の未熟な心を成長させる場所」。心行の場なのです。


結婚をして、お互いにわがままが言い合える状態になったとき、

いかに踏みとどまって相手を受け入れることができるか。

それこそが問われているのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター