FC2ブログ

信心の稽古

『三年五年の信心では、まだ迷いやすい。

十年の信心が続いたら、われながら喜んで、わが心をまつれ。』


信心というものを一言で表せば、「有り難い」と思う心持ち。私はそのように頂いております。

仕事をする時には、有り難いという心持ちだけで仕事をさせて頂きたい。

眠る時には、有り難いという心持ちの中で眠らせて頂きたい。

人に対する心持ちでも、相手に対し、有り難くない心、非難する心を持つことは

自分自身が大変辛いことです。

相手のことを、有り難いという心持ちで見ることが出来たならば、

いつも良い言葉と態度で相手に向かうことが出来るでしょう。  


そのように、自分がさせて頂く事柄、出逢う出来事や人々は、

その時その場合で様々でしょうが、いつも自分の心の中心に

「有り難い」という思いがある。それが信心なのだと思うのです。


そのような有り難い心持ちで生活を送って行くことが出来るとしたら、

それこそが私たちにとって一番の幸せに違いありません。

人の「幸せ」というのは、

「今、足りないものを探して、手に入れること」ではなく、

「自分がすでにいただいているもの、恵まれていることに気付き、

嬉しい、楽しい、幸せ…、そのような有難い心持ちで生きていくこと」なのです。


ですから、信心の稽古というのも、

実生活の中でそのような心になれるように実践をすること。


我を張らず、人から頼まれたことを淡々とさせて頂き、

どんな問題に出逢っても、すべてを受け入れ、手を掌わせる。

人に対しては「ありがとう」を口に出して言うこと。

そして、言い訳をせず、愚痴を言わず、弱音を吐かず、責めず、自慢もしないこと。


そのような信心の稽古を進めていけば、不足が出るところが不足が出ない。

腹が立つところが腹が立たない。

わが心で自分の心の内から、有り難い心(信心)が湧き出るようになる。

それには十年かかるかも知れないが、そうなれた暁には、自分の心に手を掌わせ、お祝いせよと。

そのように御教え下さっているのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター