FC2ブログ

理想の教師

『五穀は実が熟すほど頭を下げる。

 氏子は天地の神のありがたいことを知ったら、

 人に教えるにもかがんで教えてやるがよい。』


戦前の政界に大きな影響を与えた、頭山満(とうやまみつる)は、

その人物の大きさから「東洋的巨人」とも呼ばれ、彼を師と仰ぐ著名人は数知れず、

天風会の創始者で、数多くの指導者を育てた中村天風(なかむらてんぷう)もその一人です。


天風は師匠である頭山の力を借り、銀行頭取などを歴任し、実業界で大変活躍するのですが、

ある時、一切の社会的身分、財産を処分し、人を救い助ける道に生きる決心をしました。


頭山もこれには驚きましたが、お前が望むならばと快諾し、

それから天風は上野公園の片隅で毎日、道行く人々に人生について説き始めたのです。


しかし世間もなかなか認めてくれません。

来る日も来る日も、同じ場所に立って話をするのですが、誰も足を止めて聞いてくれません。

たまたま聞いてくれる人がいても、目を合わせると怖がってすぐに逃げてしまいます。

そのため、天風もなるべく人と目を合わさないようにして話をするようにしました。


ある日のこと、その日も同じように教えを説いていると、

珍しく数人の人が話を聞いてくれていました。しかしそこに雨が降り出したのです。

天風は構わず、雨に濡れながらも話を続けるのですが、雨はさらに激しくなり、

聞いてくれていた人たちも立ち去ってしまいました。

しかし、まだ一人だけ残って聞いてくれている人がいます。

目を合わせたら逃げられるかも知れないので、そちらを見ないようにして話を続けます。

しかしこのような大雨の中、よほど熱心な方だと思い、そっと目を向けてみました。


「頭山先生!」

なんと、そこにいたのは師匠である頭山だったのです。

頭山は優しく微笑み、「うん、うん、今日からわしがお主の弟子になろう」と言ったそうです。

天風は涙を流し、喜んだという話です。


教師と言うと、何かを教えたり、言い聞かせたりする人だと考えがちなのですが、実はそうではない。

相手と同じところまでかがんで降りて、実際にやって見せる人のことを、理想の教師と言うのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター