FC2ブログ

神から信じられる者

『神を信じる者は多いが、

 神から信じられる者は少ない』



スティーブン・コヴィー博士は、

『7つの習慣』の中で“信頼残高”という言葉を紹介しています。


銀行口座にお金の預け入れを重ねていけば残高はプラスになり、

引き出しをすればマイナスになるように、人間関係にも信頼口座というものが存在すると博士は言います。


礼儀正しい行動、親切、正直、約束を守るなどの行動をすれば

信頼口座への預け入れ(プラス)となり、

逆に自分勝手な行動や振る舞いをすれば引き出し(マイナス)となります。


相手との信頼残高が高ければ、こちらの多少の失言や失敗も許してくれ、

こちらの気持ちをしっかりと汲み取ってもくれる。

辛い時や悲しい時には傍にいて、優しく慰めてくれるでしょう。


逆に残高が無ければ終始相手の顔色を伺いながら、言葉を選んで話をしなければならなくなる。

陰口を言われることもあるでしょう。


自分の周囲の人々との信頼残高がどれだけあるかが非常に大切になるということですね。

普段から周囲の人々との信頼口座に継続的な預け入れをするよう心掛けねばなりません。



日本でも同様の働きを表す言葉に「徳」というものがありますが、

「徳」の中でも「神徳」という徳ほど心強いものはありません。

信心というのも、言わば普段から神様との信頼口座に

預け入れをさせて頂くことであり、それが幸福になる秘訣なのです。


普段から「神様を信じている」と言っていても、

ただ神様にお願いしていることにとどまって、神様に願っておけば

やがては神様からプレゼントが届くことを心待ちにしているのがほとんどではないでしょうか。


自分が神様を使うのではなく、神様に自分が使って頂くことが大切であり、

そこではじめて神様との信頼残高への預け入れとなるのです。

人を助ける神様の御用をさせて頂くと心に決めて、

自分の手足を通して、自分の生活を通して、神様の生きておられる働きをさせて頂くことが、

幸せな人生を約束してくれるのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター