FC2ブログ

身をもって祈る

上野公園の西郷隆盛像の作者として有名な高村光雲は、もともと大工の息子であったそうです。

それがある日、浅草の観音様にお参りしたとき、

たくさんの参拝者の姿を見て、

「同じ鑿(のみ)を持つのなら人様から合掌して拝まれる仏像を彫る仏師(ぶっし)になりたい」

と思い立ち、高村東雲に弟子入りを志願します。


光雲の入門を決めるその日、東雲は光雲に対し、

「そこの井戸の水を汲んでみろ」と命じました。

言われた通り、つるべで汲んだ水を手桶に移しているのを見ていた東雲は突然

「さっさと帰れ!」と怒鳴りました。

叱られた訳も分からず、ただただ驚いていた光雲を見て、東雲は静かに語りかけました。


「弟子入りしたいとやって来たときの挨拶をもう一度ここでやってごらん」

「人様から拝まれる仏像を作る仏師になりとうございます。弟子入りをどうぞお許し下さい」

「その願いに嘘はないか」

「はい、ありません」


「では言おう。人様から拝まれる仏像を作るのなら、

 すべてのものを拝んでいく心を掴まないと仏像は彫れないぞ。

 それなのになんだ、あの水の汲みざまは。

 こぼれてもこぼれても平気でザアザアと移していたではないか。

 水を粗末にするような心で、人から拝まれるような仏像が作れると思うのか」


光雲はこの時の師の言葉を生涯忘れませんでした。


「身をもって祈る」という言葉がある通り、

日々の生活の営み自体が祈りにならなくては、本当に神様を拝んでいることにはなりません。

朝、目が覚めたら布団にお礼を申し、洋服に「お世話になります」とお願いする。

食事を頂くときには、食材と、その加工や調理に関わったすべての方々にお礼を申し、

食器に「お世話になりました」とお礼を申しながら洗わせて頂くのです。

もちろん布団も洋服も食器も返事はしません。

しかし、物を通して神様にお礼を申すのです。

そういう生き方を進めていくところに、有難いおかげ(御利益)が生まれていくのです。
関連記事
ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター