FC2ブログ

「叱る」心得

『子の頭を叩くより、
親である自分の頭を叩けば、
すぐおかげになる』

昭和を代表する評論家、亀井勝一郎氏は
「叱る」ことについて、

「人を叱る資格など自分には無いと痛感することが大切である」

と言っておられます。


親は子どもに、上司は部下に対し、
「叱る」ことによって彼らの成長の手助けをすることも
大切な役目の一つではあります。

しかしその叱り方を誤れば、
成長するどころか相手をただ傷つけ、
人間関係まで壊してしまいかねません。

そこで亀井氏は、
叱る前にまず自分を見よ、と教えているのですね。

まず自分自身を省みて、
自分自身を叱った上で、相手を叱る。
大切なことは自分自身を見ること。
ここが肝心なところであります


日本の古い諺にもあります。

「子ども叱るな 来た道じゃ
年寄り笑うな 行く道じゃ」


「子ども叱るな」とは、
子どもを叱ってはいけないということではなく、
子どもを叱る前に、
自分も同じ年の頃には同じようなことをしたのだと、
自分自身を振り返ってみよということです。

「年寄り笑うな」とは、
自分も年をとったら目の前の年配者のように、
もの覚えが悪くなったりもするのだと、
自分を相手に同化させて見てみよということです。

つまり、相手を見るときには、
自分の過去と未来の延長線上でその人を見るようにする。

そうすれば、
相手に対する注意の仕方も大きく違ってくるでしょう。

頭からやみくもに怒鳴って責めたりするのではなく、
愛情と寛容さをもって、落ち着いて接することができるはずです。

自分をしっかりと見つめれば、人を叱れるほど立派な人間ではない。
そんな未熟な自分が役割の上で相手を「叱らせて頂く」のであります。

その心持ち、
「とても人に偉そうに言えるような私ではありません」
と本気で思えた心持ちになってはじめて、
相手の心にも響くものが必ずあるはずです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター