FC2ブログ

「感謝」の反対

悪性腫瘍のため右足を切断し、
三十二歳の若さで亡くなられた医師、
井村和清さんの「あたりまえ」という詩をご存じでしょうか。


あたりまえ 

こんなすばらしいことを、

みんなはなぜよろこばないのでしょう

あたりまえであることを

お父さんがいる お母さんがいる

手が二本あって、足が二本ある

行きたいところへ自分で歩いてゆける

手をのばせばなんでもとれ

音がきこえて声がでる

こんなしあわせはあるでしょうか

しかし、だれもそれをよろこばない

あたりまえだ、と笑ってすます 

食事がたべられる 

夜になるとちゃんと眠れ、 そして又朝が来る

空気をむねいっぱいにすえる

笑える、泣ける、叫ぶこともできる、

走りまわれる

みんなあたりまえのこと

こんなすばらしいことを、みんなは決してよろこばない

そのありがたさを知っているのは

それを失くした人たちだけ

なぜでしょう

あたりまえ


「感謝」という言葉の反対語は「当たり前」である、と言われます。

一日一日、日は経つ。
夜が明けて日が暮れる。
毎日が同じことの繰り返しのように思われるのですが、
決して同じではない。
当たり前ではない。

何事も慣れてきますと、
その一番大切な「当たり前ではない」という思いが抜け落ちる。

一日一日、その時その時が有り難いのだ
という思いが抜け落ちるのです。

それでは台無しであります。

一番大切なことは、一日一日、その瞬間その瞬間を
感謝の気持ちで過ごさせて頂く。
これに尽きます。

朝起きたならば、昨日まで言ったことのない、
よい「おはよう」が言えるような私にならせて頂く。 

毎日の仕事や交際の上に感謝が抜け落ちぬよう、
感謝を現せる自分にならせて頂けるようにと手を掌わせる。

それが、信心させていただくということであり、
道に生きるということなのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター