FC2ブログ

神人(かみひと)

『信心』という言葉を辞書で引きますと、「神仏を信じること」とあります。

なるほど言葉の通り、神様を信じる心という意味ですから、

自分と神様とは別々にあるわけです。


同じ「シンジン」という言葉でも、

このお道では『神人(かみひと)』と書きます。

これは、神様が私たち一人ひとりの中に居られるということです。


私たちが気付こうが気付かまいが、嬉しい時も悲しい時も寄り添って、

この人生を共に生きて下さっているのですね。


宮、寺、社など特別な場所で、特別な作法をもって、

特別なことをすることが信心と思われていますが、そうではありません。


大切なことは、その自分の中に居られる神様に心を向け、

本当に一つとなって生きていくことであり、

場所や作法はその為の言わば“工夫”なのであります。


神様に心が向かっている時の感情とは、

感謝・満足・納得・安心・共感・謙虚・愛情…と言った、正の感情です。


一方で、自分の中には我(エゴ)という鬼もいる。

その鬼に自分の心が向かうと、

不足・不満・不服・心配・嫉妬・傲慢・憎悪…と言った負の感情に責め立てられることになるのです。


つまり生きるうえで本当に大切なこととは、

自分の心を正の感情か負の感情、どちらに向けて生きていくか、ということ。

自らの心の調子を整えるということに尽きます。


しかし人間ですから、調子が整って神人となっている時もあれば、

はたまた調子が狂って心の鬼に責められる時もある。

性善でも性悪でもないのが人間です。


白と黒、善と悪の間に人間がいて、そのどちらにもいくことが出来る。

何らかの縁で上に昇ることもできれば、下に落ちることにもなる。

あらゆる悪も人間から出てきますが、同時にあらゆる善も人間から出てくるのです。

そのように、人間というのは何か一定の塊としてあるのではなく、

その時々の場や関係次第で色々な動きをするものであります。

だからこそ、調子が狂わないように、乱れないように、手を掌せていくことが大切なのです。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター