FC2ブログ

すべての役割に感謝を

蟻の集団の働きぶりを細かく観察すると、

よく働く蟻が2割、普通に働く蟻が6割、働かない蟻が2割

という分布になるのだそうです。


それでは、よく働く蟻だけを一カ所に集めたらどうなるかと言うと、

なぜかまた働かない蟻がでてきて、自然と元の通り、

よく働く蟻が2割、普通に働く蟻が6割、働かない蟻が2割になるのです。


それでは、働かない蟻だけ集めるとどうなるか。 

これもやはり結果は同じで、

2割、6割、2割の分担で、仕事をするようになります。


さて、もう一つ気になることがあります。

それは、働かない蟻たちは一体何をしているのでしょうか。

何の役にも立たないのでしょうか。


このことについて、興味深い研究結果があります。

それは、蟻は巣と餌との間に定期ルートを作って行動する習性があるですが、

その際、働かない蟻たちの何匹かが必ずルートから外れるのだそうです。


実はそのルートを外れた蟻たちによって、

新しい餌を発見する確率が高まり、集団としての生存確率が高まるのだそうです。


それぞれに違いがあり、働き者もいれば働かない者もいる。

だからこそ、役割分担ができて、変化にも適用出来る。

集団として成り立つわけです。これは人間の組織にも言えることでしょう。


「よく働く蟻」の役割を担う人々というのは、

『自分だけこんなに働いて…』と、ついつい周囲を批判しがちなものです。

しかしそれは本来、感謝すべきことなのです。


「よく働く蟻」以外の役割を陰で果たしてくれている人々のお陰で、

自身がスポットライトを浴びて、人一倍の経験を積むことが出来ているのですから。


何かが好転したり、うまくいっている時には、

誰か多くの人に支えられていると考え、感謝しましょう。

反対に、不都合や不幸に見舞われたときには、

誰か多くの人々を支える番が巡ってきたのだと考えて、

静かに誇りながら、気力と体力を蓄えましょう。


誰もが多くの人に支えられ、自分も誰かを支えながら生きています。

すべての役割に感謝をしていくことで、

もちつもたれつの、「お陰様」の本当の姿が見えてくるのです。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター