FC2ブログ

仕事は神様とのお約束

中世ヨーロッパでは、仕事のことを「コーリング」と言ったそうです。

コーリングとは、召命(しょうめい)、神様に呼び出されることであります。

つまりその仕事を通して、自らの使命を果たすようにと神様から呼ばれて、

与えられたものという意味であり、与えられた仕事というのは、

仕事の内容を問わず、その人にとっては「天職」であったのです。


近年では仕事のことを、「利益がすべて。結果がすべて」などと言ったり、

「生活を保つための手段に過ぎない」などと割り切ったりする意見が、大変多いように感じます。


しかし、もし仕事のことを、利得や名誉などを得るための手段だと考えるならば、

仕事をすればするほどに、どうしても利己的になっていき、堕落していってしまうでしょう。


また、もし仕事を自分が生きていくための単なる手段として、

そのためにしなければならない重荷であると考えるならば、

いつまでたってもそういう仕事の仕方しか出来ず、またそういう仕事しか与えられないようになるでしょう。


お道の教えに、このようにあります。

『人間は、生まれるときに証文を書いてきているようなものである』

生まれてくるときに、自分はどのような働きをしてお役に立ってまいります、

ということを神様と約束してきたということです。


仕事で苦労することも、自らが証文に書いたことを達成できるように、

鍛練の場を与えられているのだ。

今の自分にとっての、最善、最高、最適の状況、仕事が与えられているのだ。

そうして、与えられた仕事に御礼をさせて頂くことが大切です。 


そのように仕事を喜んでさせて頂いていると、仕事のほうも喜んでくれて、

終始自分につきまとってくれるようになる、それが道理というものです。


「仕事」という字は、「仕」も「事」も「つかえる」と読みます。

では一体誰に仕えるのかと言えば、神様につかえるのです。

神様につかえる心で、与えられた仕事をまっとうする中で、人は「生きがい」を得るのです。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター