FC2ブログ

天国の門

白隠(はくいん)禅師は、臨済宗中興の祖と仰がれ、

後に五百年に一人の名僧とまでいわれた方であります。


ある日、その白隠禅師のところにたいへん立派な武将が訪ねてきて、このように問いました。

「白隠殿、天国と地獄は本当にあるのでしょうかな? またあるとしたら、どこにあるのか教えては下さらぬか?」

すると白隠禅師は、いきなり大笑いしはじめ、その武将に対して、

「身なりだけは立派なようじゃが、そんなこともわからんとは、本当にまぬけな侍じゃのう!」

と罵声を浴びせたのです。

それを聞いた武将は、顔を真っ赤にして激怒しました。

「この無礼者めが! 叩き切ってくれるわ!」

そう怒鳴るなり、刀を抜いて白隠に振りかざします。


白隠はそこで間髪入れず言いました。

「それが地獄じゃ! 地獄の門が開かれたぞ!」


はっと気がついた武将は、深く恥じ入り、

「なるほど、そういうことですか。地獄とは己自身の心が創り出すもの。

 ものの本質を見ようとせずに、ただ己の心の状態に振り回されていることなのですな。

 いや、これはありがたい…」


と言って、深々と頭を下げたということです。

そこで白隠禅師は、にこりと笑ってこう言います。

「ほれほれ、天国の門が開かれましたぞ」


 
 お道の教えにこのようにあります。

『用心せよ。わが心の鬼がわが身を責めるぞ』

心の鬼とは怒りや傲慢さといった「我」(エゴ)であります。

そしてその我に心が支配されている限り、人生には大変険しい道が待ち受けています。


信心とは、自分の心を神様に向けることです。

心が神様に向かうことで人は幸せを得る。

悲しみや失望から本当の意味で自由になれるのです。


感謝する心や謙虚さというのは、まさに

自分の心が神様の方向に向いているかどうかの恰好の試金石となります。

優しくおだやかで、人を思いやり、人のわがままに寛容でいるでしょうか。


神様へと向かう天国の門が開かれているかがそれで分かるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター