FC2ブログ

人を育てる

このような格言がある。

 「おだてられれば、あなたを信じない。

 批判されれば、あなたを嫌いになる。

 無視されれば、あなたを信じない。

 勇気づけられれば、あなたのことを忘れない。」


激励すれば人がついてくる。逆に賞賛や激励がなければ人はついてこない。

この当たり前の事実を生涯、実践した人物がいる。

今なお理想の教育者と呼ばれる吉田松陰であります。


彼は誰よりも「褒める」名人でありました。

その特徴は、相手の長所を見つけては「天下一」などと言って、

もう相手が感動するぐらい、褒めちぎったところにあります。


自身が投獄された時でさえ、獄中の罪人たちの長所を褒めて「~先生」と呼び親しみ、

ついには全ての罪人を先生としてしまったのです。


そうすると、次第にお互いが学び合い教え合い、

やがて門番さえも彼らの授業に加わるようになりました。

そして、いつの間にか、松陰を閉じこめた牢獄は、

日本史を変えるほどの塾に発展していくのです。


お道の教えに『生神とは、ここに神が生まれることである』とあります。

通例、神様というのは我々人間とは別にあるように思われていますが、

そうではなく、人間の中に現れる神様、生きた神様なのであります。


信心とは、相手の中の神様を信じること。

その神様が現れ出る手助けをすることであります。


人を育てるとは、相手を信じ、思いやることです。

影響力のある人とは、権威をふりさざして他人の間違いを非難する人のことでは決してない。

相手の反感を買いながら、その人を変えることなど絶対に出来はしないのです。


誰しもが励ましの言葉を望んでいる。

自分の存在意義を認めて欲しいと切望しているのです。

人を信じて励ますこと。

これが出来る人はどこにいても偉大な教育者となります。

人を信じてこそ、相手は誠実に応えてくれる。

優れた人間だと認めてこそ、優れた資質を示してくれるのです。



関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター