FC2ブログ

まずは祈ることから

世の中には「祈っても無駄だ、気休めにしかならない」と言われる方がおられます。

その理由を尋ねてみると、

「いくら祈ったところで、起きてくること、事実を変えることは出来ないからだ」

と言われます。


確かに祈りではどうにも解決できないこともあるでしょう。

事実は事実としてありのまま、火は高きに燃え、水は低きに流れることは、

天地自然そのままの働きであります。

しかし、そうした事実、天地自然の働きを

自分の祈りの力で動かしたりすることが、果たして「祈り」なのでしょうか。


お道の教えにこのようにあります。

『生神とは、ここに神が生まれることである』

通例、神様というのは我々人間とは別にあるように思われていますが、

実はそうではなく、人間の中に現れる神様、生きた神様なのであります。


人間が迷いや欲に引っかかっているから、神様が奥の方に押し込められ、

現れることが出来ないでおられる。それでは助かる道がありません。


真の祈りとは、「自分がする」のではなく、

すべて神様に「させていただく」ことであります。

教会でお祈りしたら、わが身に神様を頂いて、そこから家庭や職場に御用に行かせて頂くのです。

家庭や職場に難儀があれば、その難儀のある家庭や職場の中に入り込んで、

わが身を使って人を助ける神様の御用に立たせて頂くのです。


これまでは自分ばかりが重荷を負わされている、

面倒な事ばかりさせられる、我慢ばかりさせられる、そのように思っていた…。

これからは人を助ける神様の御用をさせて頂くと心に決めて、

自分の生活を通して、手足を通して、

神様の生きておられる働きをさせて頂くのであります。

そこにこそ、助かる道があるのです。


どんな苦境にあっても、神様に祈ることが出来る人には、

その人の心に神が生まれて力が出て来ます。


この味を噛みしめたことのある人が、信心の道に入るのです。

理屈だけでは救われません。

まずは祈ることから始めましょう。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター