FC2ブログ

人生の長さと生き方

江戸時代後期の僧侶であり、

歌人でもある良寛和尚に、このようなエピソードがあります。


ある日、たいへん金持ちの老人が良寛和尚を訪ねてきて、このように願われました。

「良寛さん、私は本年七十歳。先も長くないようですが、

せめてもう十年は長生きしたいのです。何かよい方法はありませんか」

良寛和尚は答えます。

「もちろんある。しかし十年経つと八十じゃが、それ以上でなくてよいのか。」

すると老人は、

「そう言われると心許ない気がします。もうあと十年延ばしてもらえませんか。」

良寛は更に問います。

「更に十年と言うと九十歳じゃ。本当にそれ以上はなくてよいのか。」

そこで老人は、

「それでは困ります。今までは遠慮しておりました。

せめて百歳、否、二百歳まで生きられたらいいので、その方法を教えて下さい。」

良寛はさらに、

「千年というのがあるが、どうじゃ」

老人は大変喜んで、

「それは大変結構。長ければ長い方がよろしいです。」

と手を叩きました。


そこで良寛は座り直し、話し始めました。

「それでは教えてしんぜよう。よく聞きなさい。

あなたが千年生きたいと願うならば、臨終を迎えた時、私の生命は千年生きた、

あぁよかったなぁと味わえばよい。これが方法じゃ。わかったな」と。


人生の長さは人それぞれ違いますが、

どんな人生も必ず途中で終わりを迎えるのです。ここがゴールなどというものはありません。


大切なことは、今月今日、只今(ただいま)を大切にするということです。

考えてもみて下さい。私たちが幸せを感じたり、

不幸せを感じたりするのは、いつでしょうか?


それは、昨日でもなく明日でもなく、今しかない。

七十年生きて幸せだと思うのも、千年生きて幸せだと思うのも、今の自分が決めているのです。

つまり、幸せも不幸せも「今」以外のどこにもない。人生を創るのはまさに、「今」しかないのです。


切実に全力を尽くして今日という日を送るなら、

死ぬという事実もいつかの今日の出来事でしかなく、

悔いは無い。そういう今月今日、只今にしたいものです。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター