FC2ブログ

不運を幸せに変えて

相田みつをさんの詩に、「いのちの根」というものがあります。

なみだをこらえて
かなしみにたえるとき

ぐちをいわずに
くるしみにたえるとき

いいわけをしないで
だまって批判にたえるとき

いかりをおさえて
じっと屈辱にたえるとき

あなたの眼のいろがふかくなり

いのちの根がふかくなる


生身で生きているのですから、痛い辛いがあるのが人生であります。

その苦難は、いくら言葉を飾ったところで、不運な事には違いない。

しかし、ただメソメソしているだけでは、辛い思いをした甲斐が無いじゃありませんか。


不運と不幸とは同じものではありません。

不運というものは、受け止め方によって幸にも不幸にも成り得るのです。


お前には必要だから、と神様がわざわざ辛い道をお与えになっているのです。

その苦難の中にある恩寵をしっかりと受け取らせて頂きましょう。


病気なら病気のままに、そのことを自分の務める役割として、最高の演者となってみる。

そこで自分の生き方を見つけて行く。

病気になったおかげで、健康のときにはわからなかった人生の別の価値がわかり、

他の病苦が察せられるところから、本当の意味で病人を慰めることができる。

そこから、自分の病気のことだけでなく、

人さまの病気も治りますようにと願える自分にならせて頂けたならば、

それこそが神様の願いなのです。


病気を通して神様の御心をわが心に頂けたのならば、

失ったものより遥かに大きなものを手にしたことになる。


苦難や絶望が、神様の願いに気付かせて頂いて真の生き方に目覚める尊い縁ともなるのです。

そこではじめて不運は幸せとなる。

いのちの根が深くなり、よりしっかりとした人生を送ることが出来るのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター