FC2ブログ

御霊祭

お道の教えにこのようにあります。

『死ぬということは、もみを臼(うす)でひいた時、

 殻と実とが分かれるようなものであり、時が来れば魂と体とが分かれるのである。』

人は誰でも例外無く必ず死ぬ。これほど確実なことはないですが、

いつその時が訪れるのかは知る由もありません。

ただ言えることは、人が死ぬということは、その人として

一度は必ず出逢わなければならないことに出逢われたということであります。


『殻と実とが分かれるように、時が来れば魂と体とが分かれる』というのは、

死は人生の最後に来るのではなく、最初から時々刻々、常に生と離れずに付きまとっているということです。


私たちは日々生きていると思っており、それは確かなことでしょうが、

実は今日一日生きたということは、今日一日死んだということに他なりません。

生命は一刻一刻死んでいるのであって、それがすなわち生きているということなのです。

ですから、死の問題というものが生きることと別にあるわけではなく、

実はそれは生の問題であって、本当によい生き方が出来れば、それが同時によい死に方にもなっているのです。


世間でよく言われる、亡くなった人が「浮かんでいない」というのは、

その者が死に切れておらず、また生き切れてもいないためにその場にとどまっているのでありまして、

死ぬのも生きるのも同じことですから、本当に生きれば、本当に死ねるということになる。


そこで、生きている私たちが亡くなられた人に本気で会おうと思えば、

自分自身が本当に生き切ればよいのあって、それが御霊様とひとつになる唯一の道であります。


御霊祭をするのでも、その祭りによって

本当に御霊様とひとつになるということでなければ、祭りになりません。

喧嘩をしたり、不平不足を言っていてはお祭りにならず、弔いにもならない。ましてや会えるはずがない。

自分自身の心の成長を御霊様にご覧にいれること。

それでこそ、お供えする一輪の花にも、その価値が出てくるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター