FC2ブログ

わが心をまつれ

誰かが腹立ちや憎しみを自分の前に持って来た時、

こちらに信心がない間は、こちらにも腹立ちや憎しみの心が起こってまいります。

しかし、こちらに信心があれば、相手から腹立ちや憎しみを仕向けられても、

それを解かして、さらにはこちらの信心を相手に及ぼし、

信心にならせるだけの働きをすることが出来るようになります。


誰かが心配すれば、こちらも心配をするように、人の心というのは伝染するものです。

心配したり、腹が立つのが伝染するだけではなく、有り難い心(信心)も伝染します。


相手の心配や腹立ちがこちらに伝わるよりも強く、

こちらの有り難い心が相手に伝われば、相手の方から変わっていくのです。


真の信心生活者(信者)というのは、

信心が自分の生活となってそのような働きをするようになって来ることであります。


お道の教えに、このようにあります。

『三年五年の信心では、まだ迷いやすい。十年の信心が続いたら、われながら喜んで、わが心をまつれ。』


不足が出るところが不足が出ない。腹が立つところが腹が立たない。

わが心で自分の心の内から、有り難い心(信心)が湧き出るようになる。


付焼刃の信心ではない。信心の話を聞いた時だけ、その心になったというのではない。

自分自身が信心になりきる、それには十年かかると御教え下さっているのです。


火は自身が暖かいばかりでなく、周囲のものも暖かくします。

自身が明るいとともに、周囲のものまで明るくするのです。


信心する者も同様に、自身が有り難いばかりではなく、

周囲の人をも有り難い心にならせることが出来る。

有難い心があるから将来助かるというのではなく、有難いという心になった、

それがそのまま信心であり、最善最高の生活なのです。

ですから、そこから後はそれが続いていきさえすればよいのであります。 

そして、その有り難い心になるだけの力はすべて我が内に与えられており、

稽古すれば、誰もがきっとなれるに違い無い。

私はそう信じているのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター