FC2ブログ

神様の「みこころ」

念仏詩人と言われる榎本栄一(えのもと えいいち)さんの詩に、

『みこころ』というものがあります。

天は最大の

教育をしてくださるが

あわれこの生徒は

天のみこころが

なかなかわからずもがく


人間、生きていれば必ず「逆境」に遭うものです。

不遇な境遇に置かれ、物事が上手くゆかず、先行きの見えない不安が、日々、心に重くのしかかる…。

何も起きない順風満帆の人生なんて無いはずです。

しかし、そのような逆境を乗り越え自らの人生を謳歌している人もいれば、

その逆境に耐えきれずに自ら命を絶つ人もいる。

この違いは一体どこから生まれるのか。


榎本師は、その逆境を「天からの教育」としてとらえ、受け切ろうとしておられる。

その事柄を通して天のみこころを分からせて頂きたいと願っておられる。

逆境に遭った際、その逆境を「不幸だ、不運だ」とただ嘆くのか。

あるいは、榎本師のように、その逆境を神様からの与えられた教育として受け取るか。

これは大変大きな違いであります。


お道の教えには、このようにあります。

『神は、人間を救い助けてやろうと思っておられ、このほかには何もないのであるから、

人の身の上にけっして無駄事はなされない。信心しているがよい。みな末のおかげになる。』


嬉しい出来事を感謝することなら誰にでも出来ます。

しかし、逆境の淵に立たされてもなお、神様有り難しと手が合わせることが出来るのは信心あってのことでしょう。

神様が可愛い可愛い氏子に対し、わざわざ氏子が困るようなことを教育として、

差し向けておられるのです。

ですから、こちらとしては、その差し向けられた事柄の中にある

神様の「みこころ」をしっかりと受け取らせて頂こうじゃありませんか。

その先には必ず幸せが準備されているのですから。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター