FC2ブログ

何の為に働くのか?

何の為に働くのか?

ある人にとっては、お金を儲ける為の手段なのかも知れませんし、

またある人にとっては、社会に貢献する為の手段なのかもしれない。

もちろん、その両方の人もいるでしょう。


しかし、「仕事」というものを、このように何かを得る為の「手段」だと考えておりますと、

思わぬ結果を招くことが多々あります。

これまで自分が成功だと思っていたことを達成したにもかかわらず、

それよりもはるかに大事なことを犠牲にしてしまっていたことを、ある時突然に思い知らされるのです。


お道の教えには、このようにあります。

『神のおかげで生きていられる人間は、日々神のご用を勤めなければならない。

日々勤める仕事は信心の行であるから、仕事をありがたく勤めれば、

日々ありがたいおかげが受けられる』


ふつう信心といえば、宮、寺、お堂など特別な場所で、

特別な作法をもって特別なことをすることのように思われがちですが、実はそうではないのです。 


会社での勤めや、家事や育児といった日常の「仕事」の中にこそ信心の行がある。

行(修行)でありますから、艱難辛苦があって当然なのであります。


しかし、そこをありがたく勤めさせていただくことが信心であり、

ありがたく勤めさせていただくところに、ありがたいおかげが受けられるのです。


仕事を自分の生きていく為の単なる手段として考え、

そのためにしなければならない、しょうことなしの重荷であると考えているならば、

いつまで経ってもそのような仕事の仕方しか出来ず、またそのような仕事しか与えられないことになる。


そうではなく、仕事をすること自体を目的とし、

ありがたい心持ちで各々の持ち場立場で神様に仕えさせて頂く。

そこで信心の行に取り組ませて頂く。


そうして、仕事をすることをありがたく、喜んでさせて頂いていると、

仕事のほうも喜んでくれて、終始付きまとってくれて、

助けてくれて、守ってくれるようになる。


それが仕事の「道」というものであります。

関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター