FC2ブログ

祈りと仕事

京都大学の外科部長であり、執刀医として“ゴッドハンド”と呼ばれた、

青柳安誠(あおやぎ やすまさ)氏は、「手術は祈りである」と言いました。


もちろん、メスを使っての手術には違いないのですが、

青柳氏は執刀する瞬間、必ず神様に祈っておられたそうです。

いくら技術があっても、また簡単な手術であっても、

人間なのだから間違いを起こすかも知れない。

つまり医者として最善を尽くすだけでは、まだ足りないから、

どうぞ、この手術がうまくいきますようにと祈る必要があるというのです。


ビジネスの世界でも、稲盛和夫氏に、このようなエピソードがあります。

まだ京セラが中小企業であった頃です。

IBMの仕事を初めて受注した際、

当時の京セラの技術力ではとても超えられないような難しい注文で、

いくら試作を重ねてもうまくいきません。


若い技術者たちも徹夜の連続でついに疲れ果て、泣きだしてしまいました。

そこで稲盛氏は彼らにこう聞いたのです。

「神様に祈ったのか?」と。

神様に祈る、そういう敬虔な気持ちで努力しなければならないのだ、

と技術者たちは受け取り、この難題を見事に乗り越え、

当時まだ弱小零細であった京セラが一大飛躍を遂げていくきっかけとなったそうです。


お道の教えに、

『仕事をするというから神は見ている。

 仕事をさせていただくという心になれば、神はつきまとってさせてやる。』

とあります。


自分の力で「する」、「してやっている」仕事には、必ず不満と不足が伴います。

それは、自分のものさしで仕事の大小、上下を決め、

自らの心から「つまらない仕事」「取るに足らない仕事」を生み出してしまうためです。


一方、神様から与えられた仕事として有り難く「させていただく」仕事には、

感謝と満足が伴います。


それは、仕事の大小に関係なく、仕事を通じて誰かの幸せを願い、

誰かの役に立とうとする願いが心の中心にあるためです。


この心で行えば、仕事は何でも神様の仕事になります。

そして、神様の仕事をさせていただいている時、人は最も輝くのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター