FC2ブログ

雑巾に想う

年末の大掃除では、たくさんの雑巾を使わせて頂く。

雑巾というのは汚い物の代名詞のように使われますが、

まったく違う見方もあります。


念仏詩人と言われる榎本栄一(えのもと えいいち)さんの

『ぞうきん』という詩にこのようにあります。

ぞうきんは

他のよごれを

いっしょけんめい拭いて

自分は よごれにまみれている


雑巾は他の汚れを拭い去りますが、汚れを拭うたび、

自身はどんどん汚れにまみれていきます。

他の物をきれいにし、光らせるために、自分の身を汚す。


そのような見方で雑巾を見させて頂くと、

私たち人間にはとても出来ない働きをしてくれていることに気が付き、

大変尊い想いがするのです。


「願い」という言葉の語源は「ねぎらい」であるそうです。

労うとは、誰かの苦労や努力に対し、

その恩恵を受けている者が御礼を申すことであります。


正月に神社に参って、「あれが欲しい」「これが欲しい」と

自分の希望を並べるのは悪い事ではありませんが、

それは願いの本質ではありません。


雑巾のような、普段は気付きもせぬ、取ると足らぬと

思っているような物に対して、

「お世話になっております。ありがとうございます」と、

感謝の気持ちを込めてお礼をさせて頂く。


物だけではありません。

自分の気付かぬところで、どれだけの人の世話になっているか。

一人ひとりに会って直接御礼をすることが出来ない為に、

神様を通して御礼をさせて頂くのであります。


そのようにして自分の希望ではなく、

お礼を申す気持ちを先に立てていくところに、神様がお働き下さる。

御礼が足りぬだけの分は神様が足して下さる。

ですから人は「願う」ことで助かって行くのです。


年末の大掃除を通して、自分が普段お世話になっているものに、

改めて心を向けさせて頂きましょう。


普段は気付きもしなかったが大変尊いことである、有り難いことである、

という感謝の想いに手を掌わせ、喜びの心で新たな年を迎えさせて頂きましょう。

皆様、どうぞよいお年を。

合掌
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター