FC2ブログ

強運

「経営の神様」と呼ばれた松下幸之助は、

松下電器の採用面接では必ず、

「あんさんは運がよろしいですか?」と質問されたそうです。


何故そのような質問をされたかと言うと、

彼自身の成功が強運によるものだと信じていた為でした。


そこである記者が、何故自分が強運だと思うのかと松下氏に問うたところ、

足を滑らせた船員に巻き込まれて海に落ちてしまったエピソードを話されたそうです。


船から落ちた時、『運良く』それを見ていた人がいた。

落ちた季節が『運良く』夏で水温が高かったので助かった。

それが、強運の証なのだと。


客観的に見れば、「船員に巻き込まれて海に落ちるなんて、なんて運が悪いのだろう」と思う事でも、

彼から見れば「運が良かった」のです。


小学校しか出ていないことも、そのおかげで

何でも人に尋ねることが出来るようになったから「運が良かった」。

体が弱いことも、そのおかげで

部下に仕事を任せることが出来、部下が育つことになったから「運が良かった」。


つまり、彼にとっては「運が悪かった」出来事などこれまで一つも無いのです。

お道の教えに、このようにあります。

『信心していれば、目に見えるおかげより目に見えないおかげが多い。

 知ったおかげより知らないおかげが多い。

 後で考えてみてはじめて、

 あれもおかげであった。これもおかげであった

 ということがわかるようになる。』


起きてくる事柄はすべてが神様からの差し向け、

この天地に恵まれてのことでありますから、運に良し悪しなどありません。


あるのは神様のおかげの中で生かされて生きているという事実だけです。

大切なことは、その目に見えない神様のお働き(おかげ)に目を向けて、

感謝して生きていけるどうかということです。


そして、感謝の念から手を掌わせ、

「ありがとうございます」と頭を下げるその心に、

良い縁が運ばれてくるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター