FC2ブログ

自分に込められた祈り

ヘンリー・ヴァン・ダイクの寓話に、

『一握りの土』という、このようなお話があります。


川の土手に一握りの土があった。

その土には、いつかきっと幸せをつかむのだ、という夢があった。


ところがある日、土は掘り出されて、

陶器工場に運ばれ、思いもせぬ窮屈な型に押し込められ、

身も震う高熱に焼かれたのだ。


土は、これも幸せになる試練かと思って、歯をくいしばって耐えた。

ところがその結果は、粗雑な作りで醜く赤茶けた、


なんの取り柄もない平凡な植木鉢に仕上げられていた。

それからは、不満の日々となった。

「こんな辱めを受けるとは。私はでき損なったに違いない。」

土はそう思って、腹を立てていた。


どれだけの月日がたったのだろうか。

土はある日、大きな教会に運ばれた。

周囲は美しい花に囲まれ、喜びに満ちた音楽が流れてくる。

そして不思議なことには、この教会にくる人たちが決まって、

自分を指差し、「美しい」「見事だ」と言って褒めるのだ。


土は己の醜さを知っているので、不審に思い、

自分と同じような鉢に訊ねてみた。

もう一つの鉢は語ってくれた。


「お分かりにならないのですか。

 あなたは世界一見事な白いユリの花を宿してらっしゃるのですよ。

 その美しい花の根は、あなたの真ん中で育ったのではないですか」と。


なんの取り柄もないと思っていた自分でも、

命を宿すことができ、美しく育てることができる。

そう気付かされた土は、

生まれて初めて大きな喜びに包まれていた。

というお話です。


さて、私たち人間もこの土と同じように、

自分の欠点や弱点ばかりに目がいき、

自分は価値が無いものだと思い込んでしまいがちです。


しかし、どれだけ欠点や弱点が多くとも、

そんな自分をも生かそうとする大きな働きがあります。


大切なことは、その自分を生かそうとしている働きの中に、

どのような祈りが込められているか、

ということを自ら求めていくことであります。


自分の中からどれほどのものが現れ出るか。

花も咲かせ、実も結ばせて、

やってやってやり抜いていくところに、自分だけに与えられ、

用意されていた本当の幸せが待っているのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター