FC2ブログ

浄土真宗の開祖である親鸞が、ある日、

弟子の唯円(ゆいえん)にこのように言いました。


「お前は私の言うことを何でも聞くと言うが、

 それでは、人を千人殺してこい。

 それができたら、お前の極楽往生は間違い無い」


唯円は師匠の言葉に驚いて、

「とんでもございません。私は一人とも人を殺すことなど出来ません」

と許しを乞いました。そこで親鸞は続けます。


「お前が人を殺せないのは、お前が善人だからではない。

 ただ、お前に人を殺す縁が無かったからなのだ」


“縁”というものについて、大変考えさせられるエピソードであります。


植物は土地に種を蒔けば必ず花が咲く、

というものではありません。

花が咲くためには、時間以外にも、

新鮮な空気と水、そして太陽の光などの様々な「縁」が必要となります。


人間も同じことで、もともと善人と悪人がいるわけではありません。

白と黒、善と悪の間に人間があり、そのどちらにもいくことが出来るのです。

何らかの縁で上に昇ることもできれば、下に落ちることにもなる。

あらゆる悪も人間から出てきますが、

同時にあらゆる善も人間から出てくるのです。


ですから「人を助ける」というのも、

私たちが進んで人様の良い「縁」とならせて頂きたいと、

願うことに他なりません。


お道の教えにこのようにあります。

『不幸せな者を見て、真にかわいそうと思う心から、

わが身を忘れて人を助ける、そのかわいそうと思う心が神心である。』


私たちが誰かのことを「何とかあの人が助かってほしい」と思う時、

その心は神様と同根であり、

神様と同じ働きが生まれるということです。


私たちに人を助ける力など無いかも知れません。

しかし、その人を助けたいと願う心に神様が居られて、

人を助ける働きを現わして下さる。

良縁というのは、そこで生まれてくるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター