FC2ブログ

道で仏に逢えば、仏を殺せ

太陽の塔などの作品で知られる岡本太郎さんが、

ある講演会でお話された際、

臨済禅師の「道で仏に逢えば、仏を殺せ」という教えについて、

参加者に対し、このように問いかけました。


「道で仏に逢えば、と言うが、皆さんが今から何日でもいい、

京都の街角に立っていて御覧なさい。

仏に出逢えると思いますか。

逢えると思う人は手を上げてください」


誰も手を上げません。岡本さんは続けます。


「逢いっこない。逢えるはずはないんです。

では、何に逢うと思いますか」


誰からも返事はありません。

そこで岡本さんは言いました。


「出逢うのは己自身なのです。

自分自身に対面する。

そうしたら己を殺せ」


たいへん考えさせられるお話であります。


己を殺す、というのは本当に殺す、死ぬという意味ではなく、

自分と仏、自分と他人という

対立した見方、考え方を無くすという意味ではないかと思うのです


自分も無ければ、他人も無い。

仏、神というのも自分と離れて存在しているのでない。

この自分というものは、自分だけの自分ではなく、

全体の一部として自分があるということに気付くことが大切です。

そこに至ってはじめて、これまでの悩みや問題の一切が無くなるのです。


自分とすべての物とを別に見、

対立させて考えているというところが変わらぬ以上、

他に対する是非善悪の批判を無くすことは出来ません。


自分を生かす無数の働きに目を向け、

耳を傾けることが出来れば、

もちつもたれつ、「お陰様」の本当の姿が見えてきます。


夏の暑い太陽の直射も、大樹の茂る枝葉が涼しい陰をつくってくれます。

その働きを、恩恵として受けとめて、「お陰様」となるのです。


自分が気付こうと気付かまいと、

自分を生かそうとする働きがこの天地の中に満ちわたっていて、

その中に生かされて生きている自分であることを知ることが肝心要なのです。


関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター