FC2ブログ

浜千鳥の歌に込めて

初代教会長である木津信一師は、

教話の前にはよく、童話の『浜千鳥』を歌われたそうです。


青い月夜の 浜辺には
親を探して 鳴く鳥が
波の国から 生まれでる
濡(ぬ)れたつばさの 銀の色
 
夜鳴く鳥の 悲しさは
親を尋ねて 海こえて
月夜の国へ 消えてゆく
銀のつばさの 浜千鳥


なかなか意味の深い歌詞であります。

現実の世界での浜千鳥の親鳥は、

卵から孵ったばかりのひな鳥をすぐに見捨てるようなことはしない筈です。 


しかし『浜千鳥』の歌詞の中では、

生まれたてのひな鳥が親を探して鳴き、

親を尋ねて海を渡ろうとするのです。

これは一体どういう意味なのでしょうか。


おそらく初代先生は、

親を尋ねて暗い月夜の中を行くこの浜千鳥を、

親たる神様を尋ねて難儀の中を行く人間、私たちになぞらえて、

神様の有難さを語ったのではないでしょうか。



淋しく、落ち着かず、たよりない心持ちで

道も方角も見失っている時に、

何処かで自分を呼ぶような声がする。


その声を頼りに近づいて行くと、

声の主もまた、こちらに近づいて来るようです。


はっきりと自分の名を呼んでいることに驚いて、

よくよく近づいてみると、

自分をずっと呼んで下さっていたのは、正しく自分の親であったのです。


「わしは決してお前を見捨てはしない。

困っているお前を見て、ずっと呼んでおったのだ。

もう決して離れるでないぞ」

と言う声を聞いて、有り難うございます、

と言って、親の懐へ帰って行くのであります。


初代先生は、信心させて頂くということは、

人間の親である神様の懐に帰っていくことであるということを、

『浜千鳥』の歌に込められたのではないでしょうか。

私はそのように頂いているのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター