FC2ブログ

日々の仕事を有り難く

お道の教えにこのようにあります。

『日々勤める仕事は信心の行であるから、

仕事を有り難く勤めれば、日々有り難いおかげが受けられる』


ふつう信心といえば、宮、寺、お堂など特別な場所で、

特別な作法をもって 特別なことをすることのように思われがちですが、

実はそうではありません。 


会社での勤めや、家事や育児といった

日常の「仕事」の中にこそ信心の行があるのです。


自分の好きなこと、楽しいことばかりであっては

行(修行)にはならないでしょう。

行と言うからには、やはり、

辛いこと苦しいことがあって当然なのです。


仕事の辛く苦しい面ばかりを見て愚痴不足を言うのではなく、

神様から差し向けた行として、

有り難く勤めさせていただくことが信心であります。


ありがたく勤めさせていただくところに、

ありがたいおかげが受けられる、

という道理を教えられているのです。


また、このようにもあります。

『仕事をするというから神は見ている。

仕事をさせていただくという心になれば、

神はつきまとってさせてやる』


仕事を自分の生きていく為の単なる手段として考え、

そのためにしなければならない、

しょうことなしの重荷であると考えているならば、

いつまで経ってもそのような仕事の仕方しか出来ず、

そのような仕事しか与えられないことになります。


また、仕事をそのように嫌々ながらにしていると、

仕事のほうでも、

「そんなに嫌がられるのなら、もう貴方にはしてもらいません」

と言って、やがては逃げてしまって、

仕事自体をさせてくれないようになるのではないでしょうか。



仕事をすること自体を目的とし、

何のためというわけでもなく、

自分がどうなるかなどということは忘れて、

ただ仕事をすることを有り難く、喜んでしていると、

仕事のほうも喜んでくれて、

終始付きまとってくれて、助けてくれて、

守ってくれるようになるのではないでしょうか。


日々の仕事を行として、有り難くさせていただく。

有り難いおかげはそこから生まれるのです。
関連記事

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ランキングに参加しております!
いつもクリック頂き、        誠にありがとうございます。   アヒルちゃんとネコちゃんを     1日1回ポチッとお願いします。

FC2Blog Ranking 人気ブログランキングへ

お越し頂きありがとうございます!
ご連絡はこちらよりどうぞ

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
最新記事
カテゴリ
FC2カウンター